山の土地の値段・相場っていくら?山を売りたい人向けに売却方法も紹介|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 狩猟 > 山の土地の値段・相場っていくら?山を売りたい人向けに売却方法も紹介

山の土地の値段・相場っていくら?山を売りたい人向けに売却方法も紹介

逆瀬川 勇造

ライター:

山の土地の値段・相場っていくら?山を売りたい人向けに売却方法も紹介

山の土地の売却を検討されている方は、まずはその土地がどのくらいの値段で売れるのか、相場を押さえておくことが大切です。
しかし、山の土地は取引が少なく、相場はあってないようなものです。
本記事では、山の土地売却の具体的な進め方をご紹介しています。

山の土地を売却したい・値段が知りたい方はこちら
【リビンマッチ】日本最大級の不動産無料一括査定サイト 最短45秒で入力完了!
【リビンマッチ】日本最大級の不動産無料一括査定サイト 最短45秒で入力完了!
活用できていない、相続で急に手にした山の土地は売ってしまうのがおすすめです。リビンマッチでは、全国約2600事業所の不動産会社の中から山の土地売却に強い会社をご紹介します。まずは簡単・無料の査定をお試しください。

山の土地の値段・相場は?

見積書と電卓

「山の土地は売却しにくい」といわれています。
山の土地売却をスムーズに進めるために、まずは山の値段・相場を知る必要があります。

なお、以下記事では山林の売却に関して詳しく解説しています。
関連リンク:山林は売買できる?山林を売りたい人のための売却ガイド

それでは、山の土地の値段・相場について見ていきましょう。

山の土地の値段・相場は読みにくい

山の土地の値段・相場は読みにくいため、注意が必要です。
これは、山の土地は一般的に面積が大きく、また一般的な土地と比べて取引件数が少ないためです。

山の土地の種類は4つある

山の土地(=山林)は以下の4つに分類されます。

  • 都市近郊林地:都市部の近くにある山林
  • 農村林地:農村近くにある山林。里山ともいわれる
  • 林業本場林地:主に林業経営のための山林
  • 山村奥地林地:山奥にある山林

山林は取引件数が少ないため相場を把握しにくいものの、国土交通省の取引情報から上記の土地の種類ごとの相場や値段を算出することはできます。
1平方メートルあたりの土地の値段の相場は、都市近郊林地が最も高く1,000~5,000円程度、次いで農村林地100~1,000円程度、林業本場林地山村奥地林地100円未満です。
もちろん物件によって値段は異なるため、あくまで目安として押さえておきましょう。

山の値段・相場はないと思ってよい

山林の種類とそれぞれの値段・相場をお伝えしましたが、同じ種類であっても条件によって高い値段で取引されることもあれば、少額で取引されることもあります。

前述のとおり、山の土地は取引件数が少ないため、実際のところ相場はないと考えてよいでしょう。
山の土地の取引では、一般的に売主と買主が直接交渉して値段を決めます。

値段のわかりづらい山の土地売却をご検討中の方はこちら
【リビンマッチ】日本最大級の無料一括査定サイトが山の土地売却を支援します
【リビンマッチ】日本最大級の無料一括査定サイトが山の土地売却を支援します
値段や相場がはっきりとわからない山の土地売却には不安が付き物。全国約2600事業所の不動産会社と提携しているリビンマッチが山の土地売却をサポートいたします。お持ちの山がいくらで売れるのか、無料の査定でご確認ください!

山の土地は場所によって売却が難しい

見晴らしの良い草原と山

山の土地は取引件数が少ないとお伝えしましたが、これは山の土地を売却しようと思っても簡単にはいかないということを意味します。
以下で理由を見ていきましょう。

売り手・買い手ともに少ない

山を売りにくい理由の1つとして、山の土地は買い手が少ないことが挙げられます。

土地を購入する目的で最も多いのは住宅を建てるためで、その他にアパートやマンション、オフィスビルなど商業用の建物を建てるために購入することが考えられます。
山の土地は、これらの用途には向きません

林業経営を行うために山の土地を購入するケースが考えられますが、これも近年はあまり需要がありません。
買い手が少ないと市場が形成されにくく、売却が難しくなります。

その結果、山の土地は買い手だけでなく売り手も少なくなっているのが現状です。

山の場所によっては需要がなく売却が難しい

山の土地は、場所によっては需要がないため売却が難しいといえます。
山でできることとしては、以下のようなものが挙げられます。

  • レジャー
  • アクティビティ
  • 風力発電や太陽光発電

ただし、都心部から遠い山アクセスが不便集客が難しいため、アクティビティ施設の運営には向きません
最近ではソロキャンプを目的として山林の購入を検討する方もいますが、実際には山がなくても実現できるため、購入に至らないケースが多いようです。

太陽光発電風力発電は集客を気にする必要はありませんが、近くまで電柱が来ていないと送電ができないという問題もあり、活用するためにいくつかの条件を満たす必要があります。

山が売れる条件は2パターン

風力発電機が並ぶ山

一般的に山の土地は売れにくいといわれていますが、取引がないわけではありません。
山が売れる条件は、以下の2パターンです。

  • 需要がある山を売却する
  • 山の土地が欲しい人に売却する

それぞれについて見ていきましょう。

需要がある山を売却する

山の土地でも、需要があり値段がつけられるものもあります。
具体的には、以下のような山の土地です。

  • 市街地近郊にある山の土地:集客が容易でレジャーやアクティビティ施設運営に向く
  • 日当たりがよいか風が吹き抜ける場所にある山の土地:風力発電や太陽光発電に向く
  • 海が近いなど多彩な自然がある山の土地:別荘やリゾート施設建設に向く

ただしいずれのケースでも、土地がこれらの施設運営に向く形状であることや、電線・水道などのインフラが整備されていることなど、一定の条件を満たす必要があります。

山の土地が欲しい人に売却する

一般的に山の土地にはあまり需要がありませんが、何らかの事情で山の土地が欲しいという方はいます。
例えば、以下のような人を探してみるとよいでしょう。

  • 近隣で林業を営んでいる事業者
  • 自然豊かな場所で介護施設を考えている事業者
  • 近隣一帯の土地をまとめて買ってリゾート開発を考えている事業者

近隣に林業を営んでいる事業者がいる場合は、直接電話してみてもよいでしょう。
それ以外は、そのような事業者とつながりのある不動産会社に相談するのが近道です。

山の土地をスムーズに売却する方法とは

伐採して並べられた木材

最後に、山の土地をスムーズに売却する方法として、以下の4つをご紹介します。

  • 友人に相談する
  • 山の近辺にある不動産会社に相談する
  • 森林組合に相談する
  • 山の土地に強い不動産会社に依頼する

友人に相談する

一般的には需要がない土地であっても、友人の中に山の土地を欲しいと思っている方がいる可能性があります。
週末は自分の山でソロキャンプをしたいと考えている方や、脱サラしてリゾート施設を運営したいと考えている方がいらっしゃるかもしれません。
まずはそのような方がいないか、声をかけてみるとよいでしょう。
ただし、個人間の土地の取引はトラブルになることもあるため、十分注意してください。

なお、個人間で土地を売買する際のポイントは以下の記事で解説しています。
関連リンク:農地売買を個人間でする際の注意点や流れを理解しよう!

山の近辺にある不動産会社に相談する

土地の売却では、よい不動産会社との出会いが大切です。
しかし、売却するのが山の土地の場合、一般の不動産会社では取り扱ってくれないこともあります。

山の近辺にある不動産会社であれば、山林の売買を中心に行っている可能性が高いでしょう。
売却を検討している山の近くに不動産会社がある場合は、そこに相談する方法もあります。

森林組合に相談する

森林組合には山林に関する情報が集まりやすく、例えば林業を拡大したい方の中から購入希望者を見つけられる可能性があります。
なお、森林組合には「森林組合」と「生産森林組合」があり、前者は森林所有者の出資による共同組合、後者は民間企業設立の団体という違いがあります。
すぐに売却につながらなくても、情報収集の場として活用することはできるでしょう。

山の土地に強い不動産会社に依頼する

山の近くに限らず、山の土地売却に強い不動産会社は存在します。
そのような不動産会社を探して、売却を相談するのもよいでしょう。

「どのように探せばよいかわからない」という方は、一括査定サイトを利用するのがおすすめです。
特にリビンマッチは全国約2,600事業所と提携しているため、売却物件にマッチした不動産会社を紹介してもらえる可能性が高いといえます。
山の土地の売却を考えているのであれば、まずはリビンマッチを利用することをおすすめします。

リビンマッチ公式サイトはこちら

山の土地売却は難しい!信頼できる不動産会社に依頼しましょう

スーツを着た笑顔の男性

今回は、山の土地売却についてお伝えしました。
山の土地は取引が少ないため、値段の相場はあってないようなものであり、また売却自体が難しいといえます。
そのため、一般の土地売却よりも工夫が必要です。

本記事では、山の土地売却をスムーズに進める方法をいくつかお伝えしましたが、特におすすめしたいのは山の土地売却に強い不動産会社を見つける方法です。
その際は、全国約2,600事業所と提携しているリビンマッチを利用すれば、山の土地売却をスムーズに進められるでしょう。
山の土地売却を検討されている方は、まずはリビンマッチを利用することをおすすめします。

リビンマッチ公式サイトはこちら

関連記事
【土地売却の税金シミュレーション】1,000万円の土地を売った時の税金はいくら?
【土地売却の税金シミュレーション】1,000万円の土地を売った時の税金はいくら?
土地を売った時には、利益額に応じて税金を納める必要が生じます。 場合によっては納税額が高額になることもあるため、事前にどの程度の税金がかかるか把握しておくことが大切です。 本記事では、土地売却時の税金の計算方法や、1,000…
土地を売りたい人が押さえるべきポイントを紹介!土地売却の流れや費用は?
土地を売りたい人が押さえるべきポイントを紹介!土地売却の流れや費用は?
土地を売りたいと思っていても、土地売却は人生で何度も行うものではないため、どのように進めればよいかわからない方もいらっしゃるでしょう。 そこで本記事では、土地売却の流れや費用、注意点、ポイントなどをご紹介します。 土地…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧