デカすぎても大丈夫! 少量多品目農家の売り方の工夫|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業経営 > デカすぎても大丈夫! 少量多品目農家の売り方の工夫

デカすぎても大丈夫! 少量多品目農家の売り方の工夫

デカすぎても大丈夫! 少量多品目農家の売り方の工夫

農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。

うっかり収穫適期を過ぎてしまった野菜。規格より大きくなったからと言って食べられないわけでもありません。食べ方次第ではむしろおいしい場合もあります。今回は、収穫適期を過ぎてしまっても上手に売り切る方法を伝授します。

よく見かけるデカすぎる野菜の売り方

前回の記事で、夏場によくある収穫適期を逃した野菜を安くまとめて販売しているのを見かけるが、果たしてこれでよいのか、ということについて触れてみました。

前回の記事
その野菜、デカすぎ? 少量多品目農家が収穫適期を逃さず売り切る方法
その野菜、デカすぎ? 少量多品目農家が収穫適期を逃さず売り切る方法
農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。 野菜…

現実には、規格から多少外れてしまうケースもあるはずです。このような野菜を販売するにあたり、農園のブランド力を落とさずに消費者に喜んで購入してもらうためのポイントを2つ紹介します。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧