さっと撒くだけ!やっかいな竹を手軽に枯らす除草剤に注目|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > さっと撒くだけ!やっかいな竹を手軽に枯らす除草剤に注目

さっと撒くだけ!やっかいな竹を手軽に枯らす除草剤に注目

さっと撒くだけ!やっかいな竹を手軽に枯らす除草剤に注目

竹やササは古くから生活の場で親しまれ、キレイに整備された竹林は神秘的で美しく、多くの人が訪れる観光名所にもなっています。しかし、竹の生長スピードはとても早く、伐採に大変な労力が必要なことから、整備に頭を悩ませている方が年々増えているといいます。そこで活躍するのが、今回紹介する土壌処理型除草剤『デゾレートAZ粒剤』です。「さっと撒くだけで竹を枯らす」というその効果を、実際の使用者である群馬県在住の小林(仮名)さんに聞いてみました。

放っておくと危険!放置竹林が与える悪影響

竹の生長がとても早いのは独特な性質にヒミツがあります。ほとんどの植物は先端部分にある「生長点」が細胞分裂を繰り返して生長して行きますが、竹は節にも「生長帯」と呼ばれる部分があり、先端部分と合わせて伸びて行きます。しかも、栄養分は地下茎を通じて周りの親竹からどんどん送り込まれるので自分で光合成をする必要がありません。
このような理由から24時間で1m以上も伸びたという記録があるほどです。加えて、地下茎も周囲にどんどん根を伸ばし、1年間で5mも拡がったという話があることからも竹の繁殖力は非常に強いものがあります。

日本カーリット

そのため昔は竹林の管理が徹底して行われていましたが、現状では手入れされずに放置されるケースが増え続けています。その理由としては、竹が丈夫過ぎて間伐するのに非常に手間がかかるからです。地上の竹を切るだけでなく、栄養を蓄えている地下茎も取り除く必要がありますが、四方八方に伸びているため並々ならぬ労力が必要になります。また重機を使って処理するとなると莫大なコストもかかります。

過疎で高齢化が進んでいる地域では放置も止むを得ない場合がありますが、場合によっては隣家の敷地に侵入してしまったり、枯死した竹稈が倒れて道路をふさいだり家屋を傷つける危険性もあり、国や自治体も対策に頭を悩ませているのが現状です。

日本カーリット

大変だった竹の処理が、薬剤一つで解決!

今回お話しを伺った小林さんも竹の処理に困っていた一人です。小林さんは群馬県高崎市在住の会社員ですが、奥様の実家が県内山間部にあります。標高1000mの山々に囲まれた農村には大きな川が流れ、斜面には竹林が点在しています。

日本カーリット

近隣の様子。高齢化が進み、管理が追い付かないのが現状だそう

義父の自宅も川沿いにあり、数年前に使われていない一部の家屋を取り壊したそうですが後々問題が発生します。石垣を隔てた場所に竹林があるのですが、いつの間にやら竹が侵入し、あっという間に数mの高さにまで生長してしまったのです。

宅地として残しておく場所なので、義父と共にチェーンソーを使って、竹の伐採や根の除去をしていました。
「とにかく体力が必要な作業でした。義父も私も普通の会社員、1本の竹を切るにも時間がかかりました。なんとかならないかと悩まされていましたね」と小林さんは当時の苦労を話します。

そんな中で色々と調べたところ、竹を枯らすには除草剤を使用するのが効率的であると知りました。
「何しろ生長が早いのですぐに対処したいのですが、私は休日しか作業ができず、かと言って高齢の義父に負担をかけさせる訳にもいきません。藁(わら)にもすがる思いで、除草剤を使うことにしました」(小林さん)

日本カーリット

竹を枯らすために様々な商品を試しましたが、竹に効果のあるグリホサート系薬剤は、竹に穴をあけて注入するという作業が意外と手間がかかっていました。その後、知人に教えてもらった『デゾレートAZ粒剤』を試しに使ったところ、手軽さと効果の面で、ベストだったそうです。

「撒いてから半月程度経過したころ、葉っぱが黄色くなり始めるなど、枯れていくのがわかりました。何よりさっと地面に撒くだけなのでとても簡単。あれだけ大変だった作業が格段に楽になりました。効果も持続しているので、今年も引き続き使っています」とその効果を小林さんは笑顔で話します。

日本カーリット

効果的に撒けば1~2カ月で竹を駆逐

『デゾレートAZ粒剤』は粒剤に含まれる有効成分の塩素酸ナトリウムが土壌に浸透し、根から吸収されて効果を発揮します。
小林さんが話してくれたように『デゾレートAZ粒剤』の使用方法はとても簡単で、マダケ、モウソウチク、ゴサンチク、ササなど種類を問わず、竹の太さに応じて1平方メートルあたり45g~60gを周辺にまんべんなく撒くだけです。

日本カーリット

日本カーリット

散布するタイミングは春か秋を推奨しています。とくに効果的なのは竹の成長が最も活発な春(3~5月)で、散布後15~30日で効果があらわれ始め、30~60日で枯らせるといった即効性が期待できます。秋の散布もじわじわと地下茎に効き目を発揮するので、翌年の春には竹を枯らすことができます。

使用方法ではありませんが、竹林が隣地をまたいでいる場合は地下茎を通じて枯らす場合があるので、事前に承諾をもらっておくとトラブルを防げます。また、散布場所や周辺で採取したタケノコは食べないようにしてください。

日本カーリット

元々竹が生えていた敷地。『デゾレートAZ粒剤』のおかげで、綺麗な更地になったと話します

『デゾレートAZ粒剤』詳細はこちら

環境にもやさしく誰でも安心して使える

紹介してきたように『デゾレートAZ粒剤』は手軽で扱いやすく、しっかりとした効果が見込める製品です。主成分である塩素酸ナトリウムは地中で塩(NaCl)に分解されるので安心して使えるのも特長です。

日本カーリット

散布イメージ。根元にまんべんなく撒くだけです

製品としての歴史は長く、現在まで継続的に使われてきたこともその証と言えます。最近では庭や空き地の管理だけでなく、太陽光発電の事業者が竹やササを敷地に侵入させないために使用するなど、様々な場面で使われています。
「竹やササはもちろんですが、普通の雑草などにも良く効きます。また、水稲刈取跡の除草剤としても多くの農家の方に使用していただいており、雑草の密度が減り、翌年の代かきまでの作業が楽になるメリットがあります。竹にお困りの方は、JA・ホームセンター・農業資材店で“デゾレートAZ粒剤が欲しい”とお問い合わせください」(日本カーリット・除草剤担当)

日本カーリット

【問い合わせ先】
日本カーリット株式会社
東京都中央区京橋1丁目17番10号
TEL:03-6685-2046
FAX:03-6685-2050

『デゾレートAZ粒剤』詳細はこちら

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧