専業の大規模農家にもかかわらず米価下落を回避、売り上げと規模を拡大し続けられる理由|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 専業の大規模農家にもかかわらず米価下落を回避、売り上げと規模を拡大し続けられる理由

専業の大規模農家にもかかわらず米価下落を回避、売り上げと規模を拡大し続けられる理由

連載企画:農業経営のヒント

専業の大規模農家にもかかわらず米価下落を回避、売り上げと規模を拡大し続けられる理由

新型コロナウイルスによる外食の不振のあおりで、米価が下がっている。下落に耐えかねて、営農を続けるのが難しくなるとの声さえ農業界にはある。そんな中、販売価格が下がるのを防ぎ、経営を拡大し続けている農業法人がある。中森農産(埼玉県加須市)だ。どうやってコロナの影響を回避したのか。社長の中森剛志(なかもり・つよし)さんにインタビューした。

取材中、“自動的”に農地が集まってくる瞬間を目撃

中森さんは東京農大を卒業後、青果店の経営などを経て就農を決意し、2016年に株式会社の中森農産を設立した。

関連記事
就農4年で100ヘクタールのコメ農家、驚異の拡大を支える戦略と情熱
就農4年で100ヘクタールのコメ農家、驚異の拡大を支える戦略と情熱
高齢農家のリタイアが増えるのに伴い、地域で「担い手」と呼ばれる農家への農地の集約が進んでいる。いまや栽培面積が数十ヘクタールと聞いても、さほど驚きはないかもしれない。では就農して4年目で100ヘクタールに達したと聞いたら、…
キングダムを読んで練る戦略「地元で1000ヘクタール、さらに全国へ」
キングダムを読んで練る戦略「地元で1000ヘクタール、さらに全国へ」
埼玉県加須市で稲作を営む中森剛志(なかもり・つよし)さんは、就農からたった4年で栽培面積を100ヘクタールに拡大した。目的は大規模経営のノウハウを高めながら、たくさんの若者を農業の世界に呼び込み、農地を守ることにある。農業…

就農当初から規模拡大を目標に掲げており、地権者を回って積極的に田畑を集めてきた。2021年は150ヘクタールからスタート。コメと小麦、大豆が主な栽培品目で、裏作として作っている面積もカウントすると、栽培面積は合計で200ヘクタール近くに達している

しかも2021年は、途中でさらに25ヘクタール増えた。米価下落の影響で、営農を縮小する農家が出始めたためとみられる。中森さんは「半ば自動的に農地が集まるようになっている」と話す。中森さんほど拡大意欲が強く、田畑を引き受ける農家は少ないからだ。

田んぼ

中森農産には田んぼが次々に集まってくる

今回の取材で、偶然その場面を見ることができた。田んぼをバックに中森さんの写真を撮影しようとしていたときのことだ。トラクターに乗ってたまたま通りかかった2人の農家が中森さんに声をかけ、何やら話し込み始めた。

話が終わって戻ってきた中森さんにたずねると、「たったいま合わせて0.5ヘクタール増えた」という。高齢で規模を縮小している農家の田んぼと、家族が食べる分だけつくっていた農家の田んぼだ。中森さんが言うように、「自動的」に農地が集まってくる瞬間を見ることができた。

農業関係者の間には「専業の大規模農家ほど米価下落の影響が大きい」という指摘がある。兼業農家は別の収入で稲作の減収をカバーできるのに対し、専業で規模が大きいほど損失がふくらむ恐れがあるからだ。

その点に関して言えば、中森農産は「超」のつく大規模経営だ。しかも専業。ふつうなら、下落の影響をまともに受けそうなところだろう。だが中森さんに聞くと、「影響はない」という答えが返ってきた。

販売価格

販売価格が下がるのを防ぐことができた

米価安の影響を回避できた二つの対策

「埼玉のコメは外食向けが多く、コロナで米価が落ちるのはわかりきっていた。だから、影響を受けないように手を打った」。中森さんはそう話す。

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧