農家だからできる! 農業コンサルタントの仕事の醍醐味|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 農家だからできる! 農業コンサルタントの仕事の醍醐味

農家だからできる! 農業コンサルタントの仕事の醍醐味

農家だからできる! 農業コンサルタントの仕事の醍醐味

農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。

農家であっても、栽培や販売以外の仕事を持つことは大事。今までの経験を別の仕事に生かすためにマイナビ農業で執筆したり講師として登壇したりしています。そして最近始めたのが「農業コンサルタント」の仕事。この仕事を始めた理由とその醍醐味(だいごみ)についてお話しします。

農業以外の仕事を持つ意味

タケイファームの仕事の中心はレストランに野菜を販売することですが、最近ではコロナ禍で販売先がお休みになることがあります。落ち込む売り上げをカバーする手段として、野菜セットをネット販売するなど他の販売チャンネルで勝負するという選択肢もあるのですが、今まで築き上げてきたブランディングのスタイルを崩さないためにあえてそれらを選びません。幸いにして、執筆・講師などの声がかかり、現在タケイファームは農業本体以外の収入源を確保することができています。そして去年から新たな仕事として「農業コンサルタント」も加わりました。これらの仕事に共通していることは、いずれも人に農業を教えるなど「伝える仕事」だということです。
農業に就いて21年目に入りましたが、長く農業をしていると、今まで経験して身につけてきたテクニックや考え方などを、今後の日本の農業を支える人達に伝えるのも仕事だと思うようになってきました。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧