マルチワークで農業の人手を確保! 特定地域づくり事業協同組合制度とは|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 就農 > マルチワークで農業の人手を確保! 特定地域づくり事業協同組合制度とは

マルチワークで農業の人手を確保! 特定地域づくり事業協同組合制度とは

マルチワークで農業の人手を確保! 特定地域づくり事業協同組合制度とは

全国の農場を渡り歩いているフリーランス農家のコバマツです。今回やってきたのは鹿児島県沖永良部(おきのえらぶ)島。この島では複数の仕事につく働き方「マルチワーク」で農業と関わっている若者が多くいると聞き訪れました。彼らの働き方を支えているのが、国の事業を活用して設立された「えらぶ島づくり事業協同組合」という団体。マルチワークで働く人や、彼らを雇用する農家や地域にどんなメリットがあるのでしょうか? 農業の新しい人手確保の取り組みや可能性について、現地でインタビューしてきました。

半農半Xもかなう!? 特定地域づくり事業協同組合って?

2022年3月、ジャガイモの収穫の繁忙期といううわさを聞きつけて、鹿児島県の沖永良部島にやってきました。農業が基幹産業のこの島では、サトウキビや花き、和牛などの生産が盛んで、この時期はどこの農家も人手を欲しているそうです。

沖永良部島 位置

沖永良部島はここ

★マイナビ農林水産ジョブアスにて求人掲載中★
青い海と温かい人々が暮らす楽園「沖永良部島」で働こう!

農作業を掛け合わせてマルチワークをしている女性発見!

コバマツがジャガイモ農家で農作業をしていると、面白い働き方をしている女性と出会いました。

水川さん登場

ジャガイモ農家で働く女性発見!

水川千代(みずかわ・ちよ)さん。冬はジャガイモ・花き農家で繁忙期の農作業の手伝い、夏・秋はキクラゲ農家で事務作業のお手伝いなど、マルチワークをしているそう。

コバマツ

沖永良部島の農業の繁忙期は冬から春の間らしいですね!! 他の時期は農作業の仕事がないということは、水川さんは他の地域から繁忙期だけお手伝いに来ているのでしょうか?
私は移住してきて、この島に住んでいます。農閑期の間は別の仕事をしているんです。

水川さん

水川さん農作業中

農繁期は農家で農作業のお手伝い

水川さん電話 応対中

農閑期は、島内のキクラゲ農家で事務のお手伝いをしている

半農半Xってやつですね! 水川さん個人で農家や他の事業所の仕事を見つけてマルチワークの働き方を作ったんですか? 移住までして大変そう……!!
いえ、私はえらぶ島づくり事業協同組合が展開している、特定地域づくり事業というものを活用して、この島に来たんです! 仕事も住まいも、この組合で用意してくれているので、移住にはそれほどハードルを感じませんでした。
私以外にも農業と関わりながら、マルチワークをしている若者が多くいるんです。
よかったら、組合の事務局長や、他の組合のメンバーも紹介しますよ!

ぜひお話を聞いてみたい! お願いします!!

農業の人手不足の確保にもつながる、特定地域づくり事業協同組合制度とは

沖永良部島では、人口減少などに悩む地方の人材確保を目的とした「特定地域づくり事業協同組合制度」が活用されているそうです。農業など一つの事業者では年間を通した雇用がなくても、島内の他の事業者の仕事と組み合わせて通年の雇用を作り出すことで、Uターン者や移住者を呼び込むことが目的だそうです。えらぶ島づくり事業協同組合事務局長の金城真幸(きんじょう・まさゆき)さんに詳しく話を聞いてきました。

■金城真幸さんプロフィール

金城さんプロフィール写真 えらぶ島づくり事業協同組合事務局長。神奈川県出身。総務省の地域おこし協力隊制度を活用し、沖永良部島に移住。2020年3月まで和泊(わどまり)町役場で集落支援、古民家改修、移住者支援、観光による地域活性化や農家支援に取り組んできた。現在は特定地域づくり事業協同組合制度を活用し、事業者と働き手のマッチングを行っている。

えらぶ島づくり事業協同組合が実施している特定地域づくり事業とはどのようなものなのでしょうか?
特定地域づくり事業とは、組合員である事業者に対してマルチワーク型の労働者派遣事業を行うもので、その取り組みを支援する制度が「特定地域づくり事業協同組合制度」です。
組合が年間を通じて正規職員を雇用し、安定的な雇用環境と一定の給与などを確保した上で、組合員である事業者の人手が必要な時期に職員を派遣し、人手不足を解消することが狙いです。沖永良部の職員は現在8人いて、平均年齢が26歳。若い人材が着実に島に根付いてきていますね。

金城さん

特定地域づくり事業協同組合制度の概要

組合員として登録されている地域の事業者に、組合の職員が派遣される仕組み。職員には社会保障や住宅手当、通勤手当などが充実しており、定年まで職員として働くことができる(出典:総務省ホームページ)

組合が人手を必要としている島内の事業者と働き手である職員をマッチさせる、人材派遣の役割を担っているんですね!
農業は繁忙期が限られていて、それ単体だとなかなか地域に人が定着しないという課題がありますよね。コバマツも、一つの地域で通年農作業がないから、農作業がある地域をスポットで移動していますし。
沖永良部島では冬から春にかけてが農繁期で、夏はほとんど農業の仕事がありません。一方、夏は観光業が繁忙期になり、ガイドやホテルの人材が不足してくるんです。そこで、島内にある事業者の繁忙期を掛け合わせて、地域内で雇用を確保することで人材の定着を図ることを目指しています。現在は、農業の他に、ホテル、洞窟ツアーガイド、スーパー、介護事業所、食料品製造業、一般診療所など8事業所が参加しています。

派遣業務 一年間のスケジュール

同組合が雇用する職員の年間スケジュール例

繁忙期に外から人を呼び込む方法だとなかなか人が定着しませんが、島内で繁忙期が異なる仕事を掛け合わせて働くことで、地域に人が定着しますね!
単なる労働力として人材を派遣するのではなく、現場で何が課題か、改善するためにはどうすればよいのかなど、島の事業所のコンサルタント的な役割も今後この組合で担っていくことができたらと考えています。

実際にマルチワークしている人たちに話を聞いてみた

実際に、特定地域づくり事業を活用し組合の職員として事業所に派遣されている2人に、マルチワークで農業にどのように関わっているのか、また職員として現場に派遣されるメリットは何かを聞いてきました。

ITコンサルからマルチワーカーへ

寺内祐介(てらうち・ゆうすけ)さんは、埼玉県出身の28歳。東京のITコンサルの会社を経て、2021年9月にえらぶ島づくり事業協同組合の職員として沖永良部島に移住してきました。組合の事務作業や島のPR動画作成の他、冬は農業、夏場はスーパーの青果担当としてマルチに活動しています。

寺内さん

転職活動中、自分が過ごしてきた都会の“真逆”の地方で仕事を探していたときに同組合の求人を見つけて応募したとのこと

都会生活が長く、田舎で働くということは初めてだそうですが、農業を取り入れたマルチワークを実践してみてどうですか?
農業ってすごく大変だなって思いました。
僕は繁忙期の3カ月って決まっていたので、なんとか頑張れましたが。ずっとこれを続けるのは無理だなと思いました。その点、他の仕事を掛け合わせたマルチワークの一つに農業があるという関わり方だったら、期間が決まっていて関わりやすいなと。

寺内さん

寺内さん 菊畑

寺内さんにとって初めての農作業は花き農家での作業。キツいけど足腰は鍛えられたとのこと

一年中は確かにきついですよね……。マルチワークだと、農業現場に入る期間が明確だから関わりやすそうですね!
確かに、このようなスタイルで担い手を確保するという取り組みも必要だと思います。
でも、受け入れる農家や事業者側も、ただ「若い人が欲しい」と言っているだけじゃだめだと、実際に現場に入って感じました。現場では、人手不足で人に来てもらっても、人手不足だから新しく来た人に教える時間もなく、そうするとまた人が辞めていく……という負のスパイラルの状態だと思うんです。

移住者で、かつ異業種の経験もあり、農業や他の島の仕事に関わった寺内さんだからこそ発見できた課題ですね。今後、解決していきたいと考えていることなどありますか?
今後は「来てくれた人たちが定着するにはどうすればよいか?」「定着しない原因はなんなのか?」を考えて改善していくことができればと思っています。僕は前職でITコンサルにいて、企画やPDCAを回していくことは得意だと思うので、単なる繁忙期の労働力としてだけではなくそういった現場の課題解決に貢献していければと思います。

農業経験を生かして移住

栃木県から移住してきた直井桃花(なおい・おうか)さんは22歳。冬は花き農家、夏は島内のレストランや、洞窟ツアーガイドで活躍しています。専門学校では植物に関する勉強をしていて、農業は身近にあったとのこと。
自然が好きで、自然が身近に感じられる沖永良部島に引かれて移住を決意したそう。

直井さんは専門学校でも農業を経験していたんですよね! 職員として、マルチワークで農業と関わる働き方にどんな魅力を感じますか?
都会から移住する人って、農業含めて、島の仕事が自分に合うかどうか不安だと思うんですよ。農業経験のある私でも、島の農業はとってもきつかったですし。

直井さん

農業といっても、地域によって全然やり方が違いますもんね! 農業経験者でも、きつかったんですね……。
個人で島に来て、仕事を探してとなると大変だと思うんです。「やっぱり農業合わない!」となって個人として職を転々とすることになると、履歴書にいろんな経歴が残っちゃいますし。
ここでは組合の職員としていろいろな職種の現場に派遣されるので、履歴書の職歴を「えらぶ島づくり事業協同組合」だけにできるという良さも感じています。

地方に移住してどんな仕事が自分に合っているのか、っていろいろと経験してみないと分からないですよね。農業も本当に自分にできるのか、やってみないと分からないし。
農業しか仕事の選択肢がないと、初心者だと相当の覚悟が必要ですが、マルチワークだと、まずはやってみて、合わなそうだったら農業で働く期間を短くしたり、逆に案外いけるじゃんってなったら農業の期間を延ばすこともできそうですね。
農業も含めて、自分に合う仕事のスタイルを見つけられるのも良い点だなと思っています!

導入している農家に話を聞いてみた

組合員として人材の受け入れ先となっている農家にも話を聞いてきました。

沖農園沖裕任さん

こちらは、花き農家の有限会社沖農園の代表、沖裕仁(おき・ひろたか)さん。
毎年、外国人の技能実習生を受け入れていましたが、今年は新型コロナウイルスの影響で当てにしていた人員が確保できなかったそうです。特定地域づくり事業で、日本人の若い人材が来てくれるのは助かるとのこと。繁忙期だけ手伝いに来て帰るという関係性だけではなく、農園に定着してくれる人材をどう作っていくかが今後の課題だそうです。

沖フラワー園さん

沖フラワーの沖由美子(おき・ゆみこ)さんは、ジャガイモや花きの栽培、繁殖和牛の生産をしています。組合から人材が派遣されることで、いままで自分達のフィルターでは出会えなかった若くてやる気のある人材と出会えたとのこと。職場も活気づき、新しく入ってきた人に負けないようにと既存スタッフのやる気向上にもつながっているそうです。

派遣職員の写真

農業現場でも担い手不足が課題となっていますが、その原因の一つが農業は繁忙期が限られていて、なかなか通年雇用ができないということ。しかし、えらぶ島づくり事業協同組合のように、農繁期以外は地域内の他の事業者に人材を派遣できる仕組みがあれば、通年で人手を確保することができ、人も定着していくことができるのではないかと感じました。
地域内にある事業所の仕事を掛け合わせて働く、マルチワーク型で農業と関わる仕組みは、今後、農業だけではなく地域の担い手不足確保のモデルの一つになるのではないでしょうか。

関連記事
競輪選手から日本最南端の養蜂家へ転身。運命を変えた石垣島への移住
競輪選手から日本最南端の養蜂家へ転身。運命を変えた石垣島への移住
全国の農家を渡り歩いているフリーランス農家のコバマツです。今回訪れたのは石垣島で養蜂家として新規就農した枝並(えなみ)さん夫妻。夫の畝日(うねび)さんは元競輪選手という異色の経歴の持ち主で、石垣島に移住して養蜂を始めた…
JAが自然栽培を推進するわけ~新たなJAの役割とは~
JAが自然栽培を推進するわけ~新たなJAの役割とは~
全国の農家を渡り歩いているフリーランス農家のコバマツです。今回は石川県・能登半島の羽咋(はくい)市に来ています。この地域、なんと、JAと市が自然栽培を推進しているという全国的に見ても非常に珍しい取り組みをしています。なぜ…

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧