経費が削れないなら徹底的に省力化! 型破りな種まき法で品質の良い野菜を作れ|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 経費が削れないなら徹底的に省力化! 型破りな種まき法で品質の良い野菜を作れ

経費が削れないなら徹底的に省力化! 型破りな種まき法で品質の良い野菜を作れ

経費が削れないなら徹底的に省力化! 型破りな種まき法で品質の良い野菜を作れ

農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。

自分の労力を野菜の価格に転嫁しにくい農家。しかも最近の農業資材の高騰、肥料の高騰は、農家の頭を悩ませ、経費の削減も限界に近くなっているのではないでしょうか。利益を上げるためには省力化も一つのポイントになります。今回は自分の労力をどれだけ削れるかについて解説していきます。

どの作業をどれだけ省力化できるか考える

毎日、暑い日々が続いていて、長時間の農作業をするのはとてもつらい時期となっています。その割に利益にもつながらないことが多い農家の仕事。そして、資材の高騰、肥料の高騰、今までと同じことをしていては、今よりも利益を上げていくことはもちろん維持していくことすら難しい状況です。単純に利益を上げるには、野菜の販売価格を上げるのが手っ取り早いのですが、値上げをしたくても上げにくいと思っている農家もいる中、実際には、販売先などの理由で値上げができる農家とできない農家が存在します。後者の場合、利益を上げていくために何かを削減する必要が出てくるので、どこを削れるか徹底的に考え工夫することが大切です。
農作業にかかる経費を削るのか、それともかける労力や時間を削るのか。どこを削れるか、削減できることは農家によって違いますが、今回は私が実践した方法をお伝えします。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧