マイナビ農業TOP > 農業経営 > 営業要らずで年商13億円、相手の信頼を勝ち取る環境づくり

営業要らずで年商13億円、相手の信頼を勝ち取る環境づくり

吉田 忠則

ライター:

連載企画:農業経営のヒント

営業要らずで年商13億円、相手の信頼を勝ち取る環境づくり

農家が農産物を自ら売って事業を大きくしようと思うとき、課題になるのが営業の仕事を誰がどうやって担うかだ。このテーマを追求した結果、「うちに営業は要らない」と言い切る農業経営者がいる。芝山農園(千葉県香取市)の代表、篠塚佳典(しのつか・よしのり)さんにインタビューした。

twitter twitter twitter

100軒以上のサツマイモ農家のネットワーク

芝山農園は50ヘクタールの畑でサツマイモやダイコン、ニンジン、サトイモなどを育てているほか、各地の農家からサツマイモやニンジンを仕入れて販売している。主な売り先はコンビニや生協、スーパーなど。ホームページのECサイトで干し芋などの加工品も販売している。

カフェの運営も手がけており、農園としての年間売り上げは約6億円。さらに野菜の加工会社など関連会社を合わせると、グループ全体の売り上げは年間約13億円に達する。野菜を中心に扱う農業法人としては有数の規模に入る。

篠塚さんは野菜の卸会社で約10年働いた後、2011年に実家で就農した。農業を始めてから取り組んだことのいくつかは、卸会社で温めた構想が下敷きになっている。それが事業を大きくするテコになった。

他の産地の生産者と産地リレーを組んだのはその構想のうちの1つ。卸会社で取引していた小売チェーンは棚に常に同じ野菜がある状態を保つため、時期をずらしながら各地から仕入れていた。野菜の欠品を防ぐための基本的な手法だ。

芝山農園の加工品の「芋けんぴ」

事業を成長軌道に乗せるため、篠塚さんは生産者の立場で同じことに挑戦した。サツマイモは北海道から鹿児島まで100軒以上の農家のネットワークをつくり、売り先に安定供給できる体制を整えた。ニンジンも九州や北海道から仕入れ、千葉で栽培できない時期を補うようにしている。

販売戦略上、産地リレーに意味があることは、農業に関わる人なら誰もが知っていることだろう。だが、いざ自分でネットワークをつくろうと思うと、多くの農家はどう始めたらいいかわからずに戸惑うのではないか。

あわせて読みたい記事5選

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

公式SNS

「個人情報の取り扱いについて」の同意

2023年4月3日に「個人情報の取り扱いについて」が改訂されました。
マイナビ農業をご利用いただくには「個人情報の取り扱いについて」の内容をご確認いただき、同意いただく必要がございます。

■変更内容
個人情報の利用目的の以下の項目を追加
(7)行動履歴を会員情報と紐づけて分析した上で以下に活用。

内容に同意してサービスを利用する