マイナビ農業TOP > 農業ニュース > マンガ【第3話】田んぼのノビエは休眠覚醒で一網打尽。石灰窒素の農薬成分シアナミドが種子に作用

タイアップ

マンガ【第3話】田んぼのノビエは休眠覚醒で一網打尽。石灰窒素の農薬成分シアナミドが種子に作用

マンガ【第3話】田んぼのノビエは休眠覚醒で一網打尽。石灰窒素の農薬成分シアナミドが種子に作用

全国的に発生が多い水田の雑草といえばノビエ。繁殖力が強く一気に増えて、稲のための養分を奪い尽くしてしまいます。稲と似ているため初期は見分けがつきにくく、伸びてからの防除は困難。そんな厄介なノビエは、田んぼの作物のないときに休眠覚醒を利用して一網打尽に。石灰窒素を使った方法をわかりやすくマンガで解説します。

twitter twitter twitter

第3話:休眠覚醒を利用したノビエ防除


【まとめ】稲刈り後の散布で発芽させたノビエを一掃、水に溶けて作用する雨前・雨後が絶好のタイミング

休眠覚醒とは、休眠中の種子などに特定の刺激を与えて活動状態にすることです。
石灰窒素の農薬成分シアナミドには、殺虫、殺菌、除草に加えて、雑草の種子を休眠覚醒させる効果が認められています。この効果を利用して、作物が植えられていない水田でノビエの種を一斉に発芽させて一網打尽にするのが、休眠覚醒を利用したノビエ防除です。

覚醒したノビエの種子が発芽する条件として、18℃以上の平均気温が15日続くことが必要です。そのため、多くの地域で稲刈り後の秋に行うのが一般的。
方法は、湿田または半湿田の状態で、粒状石灰窒素(40~50kg/10a)を圃場全面に散布。ノビエの種子が発芽したところで、すき込むか、冬の寒さで枯死させるか、あるいは除草剤で処理します。

石灰窒素の農薬成分シアナミドは水に溶けて作用し、ノビエの種子を接触して休眠覚醒効果を発揮するので、雨降直前・直後に散布し、水田が稲わらで覆われている場合は浅くかき混ぜるように耕うんします。休眠覚醒を利用した防除は、毎年行うとより効果的です。

マンガでわかる石灰窒素シリーズ、次回は「稲わらの腐熟促進」です。

前の話を読む
マンガ【第2話】厄介な雑草にも石灰窒素がお役立ち。効いたあとで肥料になって一石二鳥
マンガ【第2話】厄介な雑草にも石灰窒素がお役立ち。効いたあとで肥料になって一石二鳥
水田や畑地にはびこる厄介な雑草。抜いても抜いても生えてきて、防除に手を焼いていませんか。そこで、活用したいのが石灰窒素です。農薬として一年生雑草の防除効果が認められ、効いたあとは肥料になるので減肥につながり経済的です。…

■お問い合わせ

デンカ株式会社
〒103-8338
東京都中央区日本橋室町2-1-1
お問い合わせはこちらから

石灰窒素の詳細はこちら

関連記事

タイアップ企画

公式SNS

「個人情報の取り扱いについて」の同意

2023年4月3日に「個人情報の取り扱いについて」が改訂されました。
マイナビ農業をご利用いただくには「個人情報の取り扱いについて」の内容をご確認いただき、同意いただく必要がございます。

■変更内容
個人情報の利用目的の以下の項目を追加
(7)行動履歴を会員情報と紐づけて分析した上で以下に活用。

内容に同意してサービスを利用する