マイナビ農業TOP > 農業経営 > 「素人でも休耕地活用し地域貢献したい」。農業参入企業の要望に応えた作戦

「素人でも休耕地活用し地域貢献したい」。農業参入企業の要望に応えた作戦

吉田 忠則

ライター:

連載企画:農業経営のヒント

「素人でも休耕地活用し地域貢献したい」。農業参入企業の要望に応えた作戦

新たに農業を始める人にとって、適切にアドバイスしてくれる人の存在は重要だ。とくに一定以上の事業規模を前提とする企業参入の場合、コンサルタントなどの助言がとても大切になる。2023年に農業に参入した金属リサイクル会社、武蔵野金属(埼玉県越谷市)の事例からそのことを考えてみたい。

twitter twitter twitter

デザイナーとコンサルタントがアドバイス

武蔵野金属は、鉄製のスクラップを細かく切断し、製鋼所に提供するリサイクル事業を手がけている。そんな農業の素人である企業が、2023年に農業プロジェクトを立ち上げた。埼玉県久喜市で2ヘクタールの農地を借り、そのうちの0.3ヘクタールで同年5月にサツマイモの栽培を開始。7月にはさらに0.1ヘクタールのハウスも建ててトマトを育て始めた。

プロジェクトの名前は「スコップ」。デザイン事務所を運営する浅野恭弘(あさの・のりひろ)さんを交えて事業のコンセプトを練り上げ、ロゴのデザインなどを決めた。そのことについては、以前この連載で紹介した。

関連記事
「あなたの本当の強みはこれです」、農家の挑戦を応援するデザイナーの提案
「あなたの本当の強みはこれです」、農家の挑戦を応援するデザイナーの提案
農産物をブランド化しようと思うと、パッケージのデザインやロゴをどうすべきかが課題になる。デザイン次第で、商品の印象が変わる可能性もあるからだ。農業分野を主な対象にデザインの仕事を手がけるアグリエール(東京都台東区)の代…
浅野恭弘

浅野恭弘さん

一方、栽培品目や販売方法については別の人物のアドバイスのもとで進めた。やはりこの連載で前に取り上げた土屋仁志(つちや・ひとし)さんだ。

土屋さんは武蔵野銀行(本店さいたま市)で異業種の農業参入のサポートなどを担当した後、2021年に加須畜産(埼玉県加須市)に転職。同社の「あぐり×ばんく事業部」で、農業分野のコンサルティングを手がけている。

土屋さんは浅野さんとも連携しながら、農業参入の仕方について武蔵野金属にアドバイスした。今回は土屋さんがどう指導したのかを解説したい。

土屋仁志

土屋仁志さん

関連記事
「なんとなく法人化」「いきなり自分で6次化」はNG。累計実績1000件の農業コンサルの助言
「なんとなく法人化」「いきなり自分で6次化」はNG。累計実績1000件の農業コンサルの助言
農家が販路の拡大などを目指したり、一般企業が農業に参入したりするとき、誰に相談すべきだろう。必要としているのは、農業の実情への理解に基づいた的確なアドバイスだ。金融機関で農業を担当した経験を踏まえ、コンサルティングを手…

「痩せた畑」でも育つ作物

武蔵野金属は地域に貢献することを目標に掲げて、農業への参入を決めた。同社が借りた2ヘクタールの農地は多くが休耕地。それを再生させて、地域に密着した農場に育てることを目指している。

あわせて読みたい記事5選

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

公式SNS

「個人情報の取り扱いについて」の同意

2023年4月3日に「個人情報の取り扱いについて」が改訂されました。
マイナビ農業をご利用いただくには「個人情報の取り扱いについて」の内容をご確認いただき、同意いただく必要がございます。

■変更内容
個人情報の利用目的の以下の項目を追加
(7)行動履歴を会員情報と紐づけて分析した上で以下に活用。

内容に同意してサービスを利用する