食欲の秋・収穫の秋「10月に旬を迎える野菜」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 食欲の秋・収穫の秋「10月に旬を迎える野菜」

ライフスタイル

食欲の秋・収穫の秋「10月に旬を迎える野菜」

食欲の秋・収穫の秋「10月に旬を迎える野菜」

2017年10月17日

食欲の秋、10月はサツマイモやサトイモ、チンゲン菜など、身近な家庭料理によく使われる多くの野菜が旬を迎えます。旬の野菜を料理に取り入れると、食卓に季節感が出てテーブルが華やかになるうえ、野菜のおいしさも存分に楽しむことができます。葉野菜、茎野菜、根野菜、豆などの種類ごとにご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

10月に旬を迎える葉野菜

チンゲン菜

中華料理などでもおなじみの食材であるチンゲン菜は、中国野菜の一つです。加熱してもシャキシャキとした食感が残り、アクもなく様々な料理に活用できます。油と一緒に摂取することで、ビタミンやミネラルの吸収率が高まると言われています。

チンゲン菜は、春(3月、4月、5月頃)と秋(10月、11月頃)の年に2回旬を迎えます。適応力が高い野菜なので、全国各地で栽培されていますが、出荷量が多い地域は茨城県、静岡県などです。

サラダ菜

サラダ菜は、柔らかい食感とクセのない味わいで、その名の通りサラダに向いています。さっと茹でておひたしに使うのも、おすすめの食べ方です。サラダ菜は通年栽培されていますが、温暖地での露地栽培のものが10月頃に旬を迎えます。主な生産地は千葉県、静岡県、福岡県などです。

サラダ菜は、βカロテン、ビタミンB群、ビタミンKなどが豊富に含まれている緑黄色野菜です。

10月に旬を迎える茎野菜

マコモダケ

マコモダケはマコモと呼ばれるイネ科の多年草の茎が肥大化したものです。アジアや東南アジアなどでよく栽培されています。マコモダケはクセがなく、タケノコのような食感で中華料理などによく使用されます。

収穫期は主に9月中旬から11月頃です。日本では主に三重県、石川県、長野県などで栽培されています。

【関連記事】

鍋料理などにピッタリの「11月に旬を迎える野菜」

秋の味覚はおいしいものがいっぱい「秋に旬を迎える野菜や果物」

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧