多角的事業で魅力を伝える!農園レストラン「みやもとファーム」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 多角的事業で魅力を伝える!農園レストラン「みやもとファーム」

マーケティング

東京

多角的事業で魅力を伝える!農園レストラン「みやもとファーム」

多角的事業で魅力を伝える!農園レストラン「みやもとファーム」

最終更新日:2018年09月07日

東京都練馬区の「みやもとファーム」は、こだわりの牛肉と新鮮な自家製野菜が堪能できる農園レストランです。レストランの他にも、ブルーベリーの摘み取り体験や、豆腐作り、大豆を栽培する講座を行うなど、農業に広く触れ合える事業を多角的に展開しています。今回は、みやもとファーム株式会社の浅野真知子(あさのまちこ)さんに、農園が始まった経緯や、手がける事業について話をうかがいました。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

旬の自家製野菜と厳選和牛が楽しめる焼肉レストラン

みやもとファーム

みやもとファームでは、練馬区の豊かな自然の中にあります。農園ならではの緑あふれるのどかな雰囲気の中、こだわりの厳選牛と新鮮な野菜を焼肉スタイルでいただけます。

熱々の鉄板で提供されるジューシーな「牛ハラミステーキ」をはじめとするランチや、東北産和牛とオーナーが自ら厳選した国産・輸入牛を存分に堪能できるディナーコースなど、豊富なメニューが揃っています。収穫時期には、農園の畑で獲れた旬の野菜も登場します。

「みやもとファームでは敷地内に畑があり、ダイコンやネギ、ジャガイモ、エダマメ、トマトのほか、イチジクやレモン、リンゴ、栗など幅広い種類の作物を栽培しています。ビニールハウスなどで通年栽培するのではなく、季節ごとの野菜を育てているため、その時々によって違う野菜をお楽しみいただけます。

また、収穫した作物は焼き野菜やサラダとしてだけではなく、レストランで提供する焼肉のタレにも使用しています。リンゴを入れると、甘みとコクが増すんです」。

レストランを訪れる客の6割は練馬区民ですが、区外からもたくさんのお客様がやってきます。訪れた方からは「都内なのに農園の風景を楽しめるレストランがあって、なんだか心がほっとする」「ここにくるとリラックスできます」といった、嬉しい声を多数いただいています。

野菜を消費者に直接届けたい 「みやもとファーム」設立の経緯

みやもとファーム

みやもとファームはどのような経緯でスタートしたのでしょうか。

みやもとファームの社長である宮本茂昭(みやもとしげあき)さんは、元々北海道で食肉関係の仕事に就いていました。1990年頃、練馬に帰って実家の農家を継ぐことになりました。

そして農業に取り組むうちに「農家がどんなに一生懸命野菜を作っても、消費者に農家の思いや生産過程などの背景が届きづらい」ということに気づきます。当時、農家の流通ルートはかなり限られていて、今のように消費者が生産者の顔を見ることができなかったのです。

作物を消費者に届けたいという思いのもと、自ら消費者と生産者がつながる施設を立ち上げることを考えます。「地元の方に地元の野菜を食べて欲しい」と、直売所のような感覚で1996年に農園レストラン「みやもとファーム」の営業を始めました。

事業を通じて「食と農の文化」を伝える

みやもとファーム

厳選和牛と自家製野菜の焼肉が楽しめる、農園レストランとしてオープンしたみやもとファーム。その後は、ブルーベリー農園などの観光農園や野菜の栽培教室など、多角的に事業を次々と展開していきます。その背景には「食や農の文化を守りたい」という、宮本さんの思いがありました。

「練馬区にのこる独自の食文化と農業の歴史について、次世代に伝えていきたいのです」。

2016年にオープンした、豆腐など大豆製品の製造を行う「とうふ房」。町の豆腐屋が減少していくことに危機感を感じて、豆腐業界に活気を与えたいという思いで事業を立ち上げました。

「みやもとファームでは大豆も栽培しています。『とうふ房』では国産大豆を使って豆腐や油揚げを作って販売しています。この豆腐は女性が作っているからなのか、ふんわりと繊細できめ細かな口当たりがします」。

豆腐は国産大豆を100%使用しています。社長の宮本さんは、いずれは練馬産の大豆100%の豆腐を作ることを目指しています。

そして、豆腐作りの見学とブルーベリーなどの摘み取りがセットになった体験プランも実施しています。大豆を種から育てて収穫を行い、自分たちで味噌や豆腐を作る教室も開講しています。

農園レストランで食事をするだけでなく、ブルーベリーの摘み取りなど体験もできることから、「都内の中に、一ヶ所でこんなに自然を楽しめる場所があって驚いた」という方も多いそうです。みやもとファームは、都内に住む人たちと「農業」という仕事をつなぐ架け橋なのかもしれません。

みやもとファーム株式会社

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

カテゴリー一覧