薬味の定番!シソとミョウガの栄養と保存法栄養【野菜ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 薬味の定番!シソとミョウガの栄養と保存法栄養【野菜ガイド】

ライフスタイル

薬味の定番!シソとミョウガの栄養と保存法栄養【野菜ガイド】

薬味の定番!シソとミョウガの栄養と保存法栄養【野菜ガイド】

2018年01月20日

冷ややっこやお味噌汁などの和食をはじめ、肉料理やスパゲッティまであらゆる料理に引っ張りだこで大人気の薬味がシソとミョウガです。シソはカロテンが豊富な和風ハーブと呼ばれていて、ミョウガは薬味の定番です。今回は、シソとミョウガについて、鮮度の良いものの見分け方や、栄養分、長持ちさせるための保存方法に、変わり種のシソとミョウガの品種や、定番料理だけではなく薬味が主役のおいしい食べ方などを紹介していきます。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

シソの紹介

シソ

緑色のいわゆる青ジソと呼ばれるシソは、別名オオバと呼ばれていて、香りが高いのが特徴で、刺身のツマや薬味として幅広く利用されています。

一方、濃い赤紫色の赤ジソは、梅干しや生姜の色付けにも使われています。ツマとして利用されるものには、穂ジソ、シソの実、花穂ジソなどがあります。

シソの都道府県別生産シェアの第1位は愛知県で、国内産のシソの3分の1を生産しています。現在では周年市場に出回りますが、シソの本来の旬は初夏〜夏です。

鮮度の良いおいしいシソの見分け方

鮮度の良いおいしいシソは、緑色が濃く、葉に黒い斑点がなくてハリがあり、表面にツヤがあります。香りが強いものが良いシソだと言われています。

シソの栄養

シソ

シソに多く含まれるカロテンは、体内でビタミンAに変わることで、体内の活性酸素を抑える抗酸化作用を発揮してくれます。さらに、鼻や喉、消化器官などの粘膜や皮膚を守り健康を保つ役割も持っています。

シソの保存方法

シソを保存するときには、パックのまま冷蔵庫の野菜室に保管しましょう。開封した場合は、数枚重ねてラップに包むと乾燥防止になり野菜室で保管することができます。長い間入れたままにすると、冷蔵ヤケを起こしたりハリがなくなってしまうので早めに使い切るようにしましょう。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧