栄養たっぷりな青菜 ツルムラサキ・モロヘイヤ・アシタバ・プチヴェール・芽キャベツ【野菜と果物ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 栄養たっぷりな青菜 ツルムラサキ・モロヘイヤ・アシタバ・プチヴェール・芽キャベツ【野菜と果物ガイド】

ライフスタイル

栄養たっぷりな青菜 ツルムラサキ・モロヘイヤ・アシタバ・プチヴェール・芽キャベツ【野菜と果物ガイド】

栄養たっぷりな青菜 ツルムラサキ・モロヘイヤ・アシタバ・プチヴェール・芽キャベツ【野菜と果物ガイド】

2018年01月24日

青菜は、栄養価も高く茹でるだけで手軽に食べられるのが魅力の野菜です。そのまま、おひたしやゴマ和えにしたり、かき揚げや天ぷらにしたりと、様々な調理方法でいただくことができます。今回は青菜の中でも、ツルムラサキ、モロヘイヤ、アシタバなどの、調理方法のコツや保存方法、ワンポイントアドバイスなどを紹介していきます。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

ツルムラサキの紹介

青菜

ツルムラサキは、ツルムラサキ科ツルムラサキ属のツル性の植物です。やわらかくクセがないので、おひたしや鍋物など、どんな料理にも合わせやすいのが特徴です。
夏には、観賞用や日よけとしてベランダで栽培されることもあります。白花のものと、茎や花が紫紅色のものが一般的に出回っています。

高温多湿に強い反面寒さに弱いので、出回る時期は7月から10月になります。初秋に出る花芽も食べることができます。

鮮度の良いツルムラサキの見分け方

販売されているものは、茎の切り口が新鮮で、葉先までみずみずしいものを選びましょう。また花芽は、花が開いていないものがおすすめです。

ツルムラサキの下ごしらえと保存方法

ツルムラサキの下ごしらえは、熱湯でさっと茹でたあと、冷水にさらします。葉がやわらかいので、さっと茹でることがポイントです。茹でたあとはおひたし、炒め物、鍋物、ゴマ和えなどにしていただくのがおすすめです。

保存方法は、湿らせた新聞紙を茎に巻いて野菜室にいれます。すぐに使わない場合は、固めに茹でたあと冷凍室で保存しましょう。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧