キャベツをまるごと有効活用 みまつ食品の新商品キャベツサイダー – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > キャベツをまるごと有効活用 みまつ食品の新商品キャベツサイダー

行政・団体・個人の支援

キャベツをまるごと有効活用 みまつ食品の新商品キャベツサイダー

キャベツをまるごと有効活用 みまつ食品の新商品キャベツサイダー

最終更新日:2018年01月25日

群馬県の中華総菜製造卸メーカー「みまつ食品」では、総菜の製造で廃棄していたキャベツの芯や外葉を用いて「キャベツサイダー」を開発しました。資源を大切にする取り組みや、キャベツ風味のサイダーというユニークな発想が注目を集めています。今回は、株式会社みまつ食品の営業本部長兼開発部長、専務執行役員である、古澤篤志(ふるさわあつし)さんに話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

キャベツの廃棄部分を活かして生まれた「キャベツサイダー」

キャベツ

みまつ食品では1日に6~7トンのキャベツを使用しています。硬くて食味が良くない約200キロの芯と外葉は、畜産の餌として業者に渡したり廃棄していました。

しかし、芯と外葉にも栄養成分が豊富に含まれていることから、常々もったいないと考えていました。「丹精込めてキャベツを作っている農家に申し訳ない」という思いもあり、商品として有効活用する方法を模索することに。入社3~10年目の若手チームが中心となって、原価の計算や味の決定、パッケージ制作などの開発に挑みました。

「専門業者の方と何度もやり取りをして、キャベツを乾燥させたり、粉末化させたりと様々な加工を試しました。その中で、液体にすると最も使いやすいことがわかりました」と古澤さんは語ります。

餃子や焼売、春巻き、ワンタンなど中華総菜の製造卸を行っている、みまつ食品にとって、液体を商品化するのは初めての試みです。どんな商品にしようか頭を悩ませていた時に、地元の名産品として売られている「地サイダー」を見つけてひらめきました。

「地サイダーは各地の名産品を使って作られています。群馬県は販売されている種類が少ないことがわかり、事業参入のチャンスだと思いました」。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧