真っ白に茹でるコツ カリフラワーの栄養・保存法【野菜と果物ガイド】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 真っ白に茹でるコツ カリフラワーの栄養・保存法【野菜と果物ガイド】

ライフスタイル

真っ白に茹でるコツ カリフラワーの栄養・保存法【野菜と果物ガイド】

真っ白に茹でるコツ カリフラワーの栄養・保存法【野菜と果物ガイド】

2018年01月26日

カリフラワーは、ブロッコリーの中で突然変異で白くなったものを選択交配して作られたと言われています。現在は白だけではなくオレンジや黄色、紫など、カラフルな色のカリフラワーがたくさん生まれています。今回は、カリフラワーの歴史と、驚きの進化を遂げた現在の姿と、さらにおいしく調理するためのコツ、長く保存するためのポイントなどカリフラワーにまつわる最新情報を紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

カリフラワーの紹介

カリフラワーは、アブラナ科アブラナ属で緑色のブロッコリーが突然変異で白くなったものを選択交配して生まれました。原産は地中海沿岸の野菜です。鮮度が良いほどコクと甘みがあり、加熱の仕方によって食感に違いが出るのが特徴です。もこもことした白い部分は、花のように見えますが、「花蕾(カライ)」と呼ばれるつぼみの元となる部分です。

カリフラワーは、15〜16世紀頃のヨーロッパでブロッコリーの後に普及し、広く食べられるようになりました。日本に入ってきたのは明治の初め頃。ヨーロッパとは逆に、ブロッコリーよりも早く1960年代には食用として普及しました。

しかし、白は褐色に変化しやすいため人気が低迷しつつあります。そこで挽回を狙って鮮やかな色のカリフラワーが開発され、注目を集めています。

鮮度が良いおいしいカリフラワーの見分け方

鮮度が良いおいしいカリフラワーは、花蕾が白からクリーム色で固く締まっていて、外葉にはハリがあるのが特徴です。見た目よりもずっしりと重みがあるものを選びましょう。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧