【47都道府県の地域食材】レンコンにメロンや卵も!茨城県が誇る農産物 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【47都道府県の地域食材】レンコンにメロンや卵も!茨城県が誇る農産物

ライフスタイル

【47都道府県の地域食材】レンコンにメロンや卵も!茨城県が誇る農産物

【47都道府県の地域食材】レンコンにメロンや卵も!茨城県が誇る農産物

2018年02月13日

茨城県は、肥えた土地と豊かな海に恵まれた食の宝庫であり、様々な農産物や水産物、特産物が生産されています。農業出荷額は北海道に次ぎ全国第2位と、農業大県です。イバラキング(メロン)や常陸牛(ひたちぎゅう)、常陸秋そばなどオリジナル品種のブランド化も進められています。高い品質基準を維持して、厳選出荷を行う差別化商品作りに力を入れています。今回は茨城県の主な農林水産物について紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

農業大県いばらき

茨城県は、ピーマンの全国シェア20.0パーセント、レンコンの全国シェア46.8パーセントと全国1位の生産量を誇っています。この他にも多くの農林水産物において全国上位の生産量を誇り、農業大県となっています。
茨城は大消費地である首都圏にも近いことから、東京都中央卸売市場の成果取扱高では11年連続で全国1位を維持しています。現在、メロンや梨、米や常陸牛などオリジナル品種を開発し、ブランド化に取り組んでいます。

甘藷(サツマイモ)

サツマイモ

生産地

サツマイモは、鉾田市(ほこたし)、行方市(なめがたし)、ひたちなか市が中心となって生産されています。

特徴

「ベニアズマ」はホクホクとした食感に特徴があり、甘味が強くしっとりとした「べにはるか」は焼き芋に向いています。加工品としては、焼き芋、大学芋、アイスクリームなどがあります。

生産状況

焼き芋の需要が増加していることから、主に作られている品種は「ベニアズマ」ですが、近年は健康志向の高まりに伴い「べにはるか」の作付けが増えてきています。茨城では、2013年現在で18万500トンのサツマイモが生産されています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧