おいしいサクランボの見分け方・保存法と栄養【野菜と果物ガイド】

マイナビ農業TOP > 食育・農業体験 > おいしいサクランボの見分け方・保存法と栄養【野菜と果物ガイド】(2/3)

おいしいサクランボの見分け方・保存法と栄養【野菜と果物ガイド】(2/3)

連載企画:野菜と果物ガイド

おいしいサクランボの見分け方・保存法と栄養【野菜と果物ガイド】
最終更新日:2020年02月03日

サクランボは愛らしい見た目と甘さでとても人気がある果物です。高級な品種も誕生し、贈答品としても大人気です。今回は、甘くておいしいサクランボの選び方、正しい保存法、栄養、おいしく楽しむレシピなどについて紹介します。

サクランボの旬と時期

国産のサクランボの旬は6月から7月にかけて。カリフォルニア産は5月下旬から6月上旬頃、ワシントン、オレゴン産が6月下旬から7月上旬に輸入されます。国産品と食べ比べても楽しくいただけるでしょう。

サクランボの豆知識

国産と輸入品の栄養の違い

サクランボは国産品と輸入品では、含まれるアントシアニンの量が違います。ポリフェノールの一種アントシアニンは輸入物に多く含まれる傾向にあります。

サクランボの洗い方

サクランボを洗う時には、柄をつけたままボウルに入れて流水を注ぎ、10分程つけておくことで優しく汚れを落とすことができます。

サクランボのおいしい食べ方

サクランボゼリー

サクランボは、半分にカットして種を抜いてゼリーなどにすると、暑い時期にぴったりのおいしいデザートが完成します。

サクランボ酒

サクランボは柄を取って種を抜き、ホワイトリカーに漬けるだけで手作りのサクランボ酒になります。見た目にも可愛いらしいのでホームパーティなどにも最適です。

サクランボを甘くする裏技

サクランボの一大生産地である山形県では、サクランボを半日ほど塩水につけておくそう。こうすることで、一層甘く美味しくなるといわれています。

サクランボの砂糖煮

サクランボの種を抜き、砂糖で甘く煮ると、スイーツの飾りとして重宝します。真っ白なチーズケーキに添えれば、見た目にも華やかなデザートになります。

1 2 3

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧