コウノトリ育む農法等を実践で学ぶ 兵庫県豊岡市「農業スクール」 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > コウノトリ育む農法等を実践で学ぶ 兵庫県豊岡市「農業スクール」

行政・団体・個人の支援

コウノトリ育む農法等を実践で学ぶ 兵庫県豊岡市「農業スクール」

コウノトリ育む農法等を実践で学ぶ 兵庫県豊岡市「農業スクール」

2018年04月15日

兵庫県豊岡市では、新規就農希望者を対象とした「豊岡農業スクール」を開校し、市内で就農する人材を育てています。スクールでは、就農に必要な生産技術力や経営管理能力、豊岡市の環境創造型農業「コウノトリ育む農法」を学ぶほか、市内の農家のもとで栽培技術などの研修も行います。豊岡市役所農林水産課・森さんに話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

年々減少する豊岡市内の農業経営体

コウノトリ育む農法
農林水産省の農林業センサスによると、豊岡市内の農業経営体の数は、2005年が3,773経営体、2010年が3,144経営体、2015年が2,543経営体と、年々減少傾向にあるといいます。(※農林業センサス調べ)

また、2010年の農林業センサスの調査では、市内の農業従事者の約7割が60歳以上であることが判明しました。

「耕作放棄地も拡大しており、豊岡市の農業は衰退しているのが現状です。特に、農家の担い手不足は切迫した課題であり、解決は急務でした。

しかし、担い手を増やすといっても、農業経営には知識も技術も必要です。そこで、就農意欲の高い若者が、就農に必要な生産技術力や、経営管理能力を習得する場として、2013年4月に『豊岡農業スクール』を開校しました。

生徒は20代が中心ですが、30代、40代で研修生となった方もいます」と森さんは語ります。

研修生は、月曜日から金曜日までの週5日、スクールに通います。また、研修生に対しては、月10万円の給付金があるといいます。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧