アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~イタチ編~

マイナビ農業TOP > ニュース > アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~イタチ編~

ニュース

アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~イタチ編~

連載企画:アブなすぎる害獣図鑑

アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~イタチ編~

最終更新日:2018年10月10日

農作物を荒らす害獣といえば、イノシシ、サル、クマ、カラスなど鋭い目付きの動物をイメージする人が少なくないかもしれません。しかし、アライグマなど可愛らしい容姿の動物の中にも、農作物への被害が多いものがいることをこれまでも取り上げてきました。2016年度の農林水産省の調べでは、野生鳥獣による農作物への被害総額は約172億円。実はこれでも数年前から減少傾向にあります。そんな中、中型動物の農作物への被害は増え続けているのです。
「アブなすぎる害獣図鑑」今回は、可愛い見た目で農地を荒らし家畜を襲うイタチの生態と農作物への被害、その撃退方法に迫ります。

  • twitter
  • facebook
  • LINE

もともとはネズミ駆除のためやってきた!

ニホンイタチ

昭和の人気アニメ「ガンバの冒険」で、主人公のネズミたちが恐ろしいイタチへと挑む模様が描かれているように、イタチはネズミの天敵であり、もともとはネズミ駆除などのために導入された益獣でした。今や国内のほぼ全域に分布するイタチは主に平野部に生息し、土穴などを巣としていますが、家屋に侵入したり農作物を荒らしたりすることから、害獣として被害が報告されています。

日本で被害をもたらすイタチは、主に在来種のニホンイタチと外来種のチョウセンイタチです。両種とも似ており、見た目は可愛らしい中型動物ですが、肉食系の雑食。木登りや泳ぎも得意で、本来は夜行性でありながら都市部では昼夜ともに活動しています。

ニワトリ、絶滅危惧種までも襲われる!?

チョウセンイタチ

イタチは、ネズミやカエル、鳥類などを好む肉食系の雑食であるため、家畜のニワトリへの被害も深刻。小屋の中のニワトリにも襲いかかって捕食します。また、果実類なども好物で、果樹園の農地などへの被害も見られます。作物や家畜への食害のみならず、建物の屋根裏や床下に住みついたイタチのおしっこやフンによる悪臭といった二次的被害も深刻です。

生態系を脅かす危険も見逃せません。沖縄では、絶滅危惧種に指定されているミヤコカナヘビの歯骨等がニホンイタチのフンから発見されるなど、貴重な生物を捕食している事実も報告されています(※)。

※ ふんから骨確認 外来種のイタチ、絶滅危惧種を食べてます 沖縄・宮古:沖縄タイムス+プラス(2017年8月15日)

弱点を狙え! その被害対策とは?

農業

イタチの被害対策としては、箱わななどの捕獲器を設置する大がかりなものから、ホームセンターなどで手に入る動物忌避剤、漂白剤などイタチの嫌う臭いを使った対策まで、さまざまな方法がありますが、イタチの弱点をついた対策も効果を発揮します。

イタチは明るく光るものを嫌います。そこで、点滅ランプ(クリスマスツリーの飾りなどで発熱しないもの)の設置などで威嚇する方法が低コストで効果的です。追い払った後も戻ってくる可能性があるため、侵入口になりそうな場所を金網などで塞ぎ、イタチをシャットアウトしましょう。

なお、捕獲器を使ってイタチを捕獲する場合は、捕獲許可の手続きが必要ですので、ご注意ください。

 
可愛らしいルックスとは裏腹にその凶暴な性格から、「かまいたち」「イタチごっこ」など、昔からあまりよくないイメージの言葉にもその名が登場するイタチ。手塩にかけて育てた農作物や家畜をイタチから守るには、弱点をついた十分な対策が必要です。対策の際は、「イタチの最後っ屁」をくらわぬようご注意ください。

次回も農家にとっての憎らしい天敵、意外な害獣をご紹介します。

 
参考
侵入生物データベース ニホンイタチ:国立環境研究所
侵入生物データベース チョウセンイタチ:国立環境研究所
イタチによる被害の対策について:豊中市

上記の情報は2018年9月18日現在のものです。

【アブなすぎる害獣図鑑】シリーズはこちら!

【関連記事はこちら!】
狩猟できる動物は48種に決められている! 前編・獣類20種

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

あなたにおススメ

タイアップ企画

関連記事

カテゴリー一覧