畑の雑草図鑑〜スギナ編〜【畑は小さな大自然vol.30】|マイナビ農業
一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 一次産業のための総合求人サイトOPEN マイナビ農林水産ジョブアス 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 畑の雑草図鑑〜スギナ編〜【畑は小さな大自然vol.30】

畑の雑草図鑑〜スギナ編〜【畑は小さな大自然vol.30】

畑の雑草図鑑〜スギナ編〜【畑は小さな大自然vol.30】

こんにちは、暮らしの畑屋そーやんです。家庭菜園初心者からの相談が多い「雑草」の悩み。今回のテーマは、地下茎でどんどん増えていき除草の大変な「スギナ」。実は春になるとよく見かけるあの有名な植物です。その生命力は3億年もさかのぼるスギナの祖先に由来があるとか。スギナの自然界における役割や特徴を知って、目の敵にせず上手に対処する方法をお伝えします。

生命力が高く、栄養豊富な雑草

スギナの地下茎

スギナという雑草を知らない方でも「ツクシ」と聞けば分かる方も多いかと思います。スギナはツクシの葉っぱの部分にあたり、子孫を残すための胞子をまくためにツクシが出てきます。このツクシとスギナの部分は地下茎と呼ばれる地下で張り巡らされる茎によって繋がっています。スギナは胞子で繁殖する以外にも、この地下茎は30cmほど層の中で張り巡らせ、そこでまた根を張り、芽を出してそのテリトリーを広げていきます。この地下茎は、切られたとしてもその一部が土に残っていればまた再生します。
 

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧