畑の雑草図鑑〜チガヤ編〜【畑は小さな大自然vol.27】|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 畑の雑草図鑑〜チガヤ編〜【畑は小さな大自然vol.27】

畑の雑草図鑑〜チガヤ編〜【畑は小さな大自然vol.27】

畑の雑草図鑑〜チガヤ編〜【畑は小さな大自然vol.27】

こんにちは、暮らしの畑屋そーやんです。家庭菜園初心者からの相談が多い「雑草」の悩み。とってもとっても生えてくるので、精神的にも辛いですよね。実はひと口に雑草と言っても様々な種類があり、それぞれ効果的な対処法が異なります。間違った対処をすることで、より大変になってしまうことも。中には野菜の生育を邪魔しないもの、逆に土づくりに利用できるものなどもあり、知っておくと大変役に立ちます。今回は、雑草の中でも繁殖力が高く悩みのタネになりやすい「チガヤ」について、その性質や特徴、対処法を紹介します。

地下で広がる厄介な雑草

チガヤはイネ科の雑草で、イネのように平均的に40〜60cmほどの細長い葉がツンツンと立つのが特徴で,田畑の土手などによく生えています。5〜6月になると尻尾のような白い穂がつくのでより見分けやすくなります。
種による繁殖だけでなく、地下茎と呼ばれる根のような器官を地中に伸ばし、広がった先でまた芽を出すというような繁殖の仕方をしていきます。芝生のようなイメージをしてもらえればわかりやすいかもしれません。この地下茎を持っているため、地上部の葉っぱを刈っても、地下茎が残っていればまた芽が出てきます。
多年草で、冬の間も葉が枯れることはあっても、地下茎は枯れないため生き残り続けます。またこの地下茎からは他の植物を生えにくくするような化学物質が出ているため、他の雑草を押しのけてそのテリトリーを広げていきます。

昔はあえてチガヤを育てていた?

気温が低くなると赤みを帯びてくる

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧