野菜の病気図鑑〜青枯病編〜【畑は小さな大自然vol.51】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 野菜の病気図鑑〜青枯病編〜【畑は小さな大自然vol.51】

野菜の病気図鑑〜青枯病編〜【畑は小さな大自然vol.51】

野菜の病気図鑑〜青枯病編〜【畑は小さな大自然vol.51】

こんにちは、暮らしの畑屋そーやんです。野菜を育てていると昨日まで元気だった野菜が、急にしおれて元気がなくなるということがたまにあります。しかも他の株は元気なままなのに、その中の一つだけが異常にしおれるのです。夕方になるとまた少し元気になるのですが、また次の日になるとしおれ、数日のうちに枯れてしまう。これは青枯(あおがれ)病と言う病気で、一度発症すると、止めることはできません。しかもなんの対策もしていないままだと、翌年以降もその畑でより多く発生するようになってしまいます。今回はそんな恐ろしい病気、青枯病の特徴や対策方法などについてご紹介していきます。

青枯病はどんな症状・被害がでる?

青枯病はスポット的に発生するので、隣の株は元気なままだが、このまま放置しておくと広がる可能性がある

青枯病はナス科やウリ科を中心にさまざまな野菜で発生する病気で、この青枯病になると、晴れた日中などに青々としていた株が急にしおれ始めます。曇りの日や夕方になると回復するのですが、また晴れるとしおれるというのを繰り返し、数日のうちに枯れてしまいます。元気だった野菜がある日突然発症し、それを止める方法もないため、精神的なショックが大きい病気でもあります。また、その畑ではそのあとも繰り返し発生することがあるため注意が必要な病気です。

青枯病の原因と見分けかた

細菌に侵されたジャガイモの地下茎。内部からドロドロとした液体が出てくる

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧