100万円以下の低価格!! 東京計器の『直線自動操舵補助装置AG-GEAR3』に注目!

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 100万円以下の低価格!! 東京計器の『直線自動操舵補助装置AG-GEAR3』に注目!

PR
農業ニュース

100万円以下の低価格!! 東京計器の『直線自動操舵補助装置AG-GEAR3』に注目!

100万円以下の低価格!!  東京計器の『直線自動操舵補助装置AG-GEAR3』に注目!
最終更新日:2019年09月24日

日本初の計器メーカーとして、1896年の創業以来、航海計器、油圧機器、防衛関連機器、計測機器などの分野で業界をリードする東京計器株式会社。2018年10月に販売を開始した直進自動操舵補助装置『AG-GEAR3』によって農業分野に本格参入しました。先発メーカーが多機能化を図るなか、逆に機能を直進作業に特化させることで簡単操作とコストダウンを実現。既存のトラクターに後付けできるアドオン型、100万円以下という手の届きやすい価格設定により、自動操舵装置の入門機として注目を集めています。実際に『AG-GEAR3』を使われている農家の方を交え、東京計器の担当者に『AG-GEAR3』の魅力についてお話を伺いました。

作業時間が短縮、代かきや夜の作業も楽に

「『AG-GEAR3』の導入は田起こし後だったので、まだ代かきにしか使っていませんが、従来の労力が100だとしたら、導入後は60くらいにまで負担が減りました」

そう話すのは、栃木県さくら市の岡田伸幸(おかだ・のぶゆき)さん。もともとは会社勤めをしていましたが、農業を営んでいた祖父が亡くなったことをきっかけに一念発起。祖父が守ってきた農地を受け継いでいきたいと考え、2010年に就農し、水稲11ha、麦3haを経営しています。

東京計器株式会社

仙禽(せんきん)酒造への酒米も栽培

『AG-GEAR3』はGNSS(全球測位衛星システム)の位置データをもとにトラクターの位置を計測し、設定した直線ルートを自動操舵する農業機械の自動化レベル『レベル1』の製品です。ハンドル操作が不要なため、作業機の稼働状況や土の状態の確認に集中することができ、運転が不慣れな方でも正確な直進走行が行えます。

「栃木県には『AG-GEAR3』の開発に協力している農家が多いので噂は聞いていました。導入した先輩農家の方が乗っている姿を見て、これは作業が大分楽になりそうだなと思い購入を決めました。実際に利用してみると、驚くほど作業効率が上がりましたね」と、笑顔の岡田さん。

集中力が求められる直線保持運転から解放され、その代わりに圃場のかどや細かいところの作業に集中することができ、ストレスが軽減され、体力的にも楽になったと話します。

「導入前の代かきでは、やり残しや重複がないようにトラクターの操縦や作業機に集中しなければなりませんでした。水が入った田んぼでは土が見えないので、代かきが上手くできているか分かりにくいんです。特に夜間作業は視界が更に悪くなるので、重複して代かきをしてしまうこともありました」

東京計器株式会社

栽培が非常に難しい酒米の『亀ノ尾』をつくる岡田さん

作業機の上げ下げや旋回操作は自分で行う必要がありますが、あとはモニタに表示されるラインに合わせるだけ。最初の目標ラインの設定も始点と終点を設定するのみ。その後の直線ステアリング操作は全て『AG-GEAR3』に任せられます。運転に神経を使わずに安定した直線走行が行えるため、作業精度の向上と労力軽減に繋がります。

『AG-GEAR3』により、米作りで一番重要な土づくりに集中できたのはもちろん、圃場が多いので夜間作業も楽になったと話す岡田さん。「来年が楽しみ」と満足げ。

シンプルな機能で、低価格

東京計器株式会社 通信制御システムカンパニー・センサ機器部営業課の上村俊彦(かみむら・としひこ)さんは、農業分野への参入の理由をこう語ります。

「弊社には、先端技術を商品化して社会に貢献するという経営理念があります。農業従事者の高齢化や就農人口の減少などが深刻な社会問題となっている現在、船舶の自動操舵装置や防衛分野で培ったセンサ技術を生かしてお役に立ちたいと2014年から研究を重ねてきました」

東京計器株式会社

アフターサービスも充実させる予定だと話す上村さん

船舶や航空機などで使われるジャイロセンサ技術を応用したIMU(慣性計測装置)によってトラクターの姿勢変化を計測し、衛星からの位置情報とのズレを補正できるので傾斜地でも正確な直進走行が可能。同社の高度なセンサ技術が『AG-GEAR3』に生かされています。なお『AG-GEAR3』単体での直進の精度は±10cmです。

東京計器株式会社

『AG-GEAR3』の開発において東京計器が最も重視したのはユーザーが使いやすく購入しやすい価格の実現です。利便性と高性能を達成しつつ、いかにしてコストを下げるかが大きな課題でした。先発メーカーの強みは多機能性にありましたが、価格も200万円以上と高額で気軽に導入できるものではありません。

「農家のみなさんにお話を伺っていくと、『自動操舵は直線作業だけでも充分』という声が少なくありませんでした。そこで、他の機能を外し、直線自動操舵のみに絞って開発を行いました。」と上村さん。協力農家の皆さんからの生の声を聴きながらよりシンプルで使いやすい製品を追求し、1つずつ課題を克服して100万円以下の価格を実現したのです。

100万円以下という価格帯は「人を一人雇うよりも安上がりですよ」と岡田さん。

東京計器株式会社

モニタで衛星受信状態を確認中

『AG-GEAR3』は、自動操舵システムの入門機です。

「取り付けについては、車種により事前に付属部品の準備が必要となりますが、弊社スタッフがお伺いして半日程度で終了します。基本的に国内主要メーカー車両が対象ですが、車種や年式などによっては取り付けが可能な場合もありますので、販売エリアも含めてお気軽にお問合せください。」

東京計器の栃木県那須工場で生産しているため、栃木県内の農家の協力を得ながら販売をスタートした『AG-GEAR3』。「今後は農業分野での弊社の知名度アップと販売エリアの拡大が目標です」と上村さんは意気込みます。

現実的な価格で農業分野に登場した東京計器の直線自動操舵補助装置『AG-GEAR3』は、これからますます注目を集めそうです。

東京計器株式会社

東京計器 通信制御システムカンパニー センサ機器部
TEL. 03-3731-2631 
FAX. 03-3738-8670
住所 〒144-8551 東京都大田区南蒲田2-16-46

会社ホームページはこちら

『AG-GEAR3』についてはこちら

お問い合わせフォームはこちら

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧