漫画「跡取りまごの百姓日記」【第26話】鳥獣被害

マイナビ農業TOP > 就農 > 漫画「跡取りまごの百姓日記」【第26話】鳥獣被害

就農
長崎

漫画「跡取りまごの百姓日記」【第26話】鳥獣被害

連載企画:跡取りまごの百姓日記

漫画「跡取りまごの百姓日記」【第26話】鳥獣被害
最終更新日:2019年10月15日

米農家の祖父母の跡を継ぎ就農を決意。長崎県立大学を卒業後、長崎県立農業大学校に通い、平成25年、25歳の時に就農。現在は米、麦、大豆、ブロッコリー、ニンニクを栽培中。絵描き農家を自称しブログなどで漫画を描いたりしている。

漫画

農作物を食べられるのはもちろん辛いのですが、食べられた様子はなく無残に荒らされた苗たちを見ると、本当にがっくりしてしまいます。
我が家はまだイノシシによる田んぼの被害は受けたことがないのですが、イノシシが遊んだ田んぼのお米は匂いがついて食べられなくなるそうです。
言葉が通じない相手なので、鳥獣対策は自分たちで考えるしかないのです。ですが、なかなか万全の対策というのも難しく、頭を悩ませることも多いです……。

>>【第27話】鳥獣対策の研修

>>「跡取りまごの百姓日記」シリーズはこちら!

【イノシシなど害獣についての記事はこちら】
アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~イノシシ編~
農作物の鳥獣被害はなぜ起こる? ~野生動物の素顔を知ろう~

【まごファミリー紹介】

跡取りまごの百姓日記

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧