作型広がり獣害対策にも! 簡単に自作できる「ミニハウス」の作り方

マイナビ農業TOP > 生産技術 > 作型広がり獣害対策にも! 簡単に自作できる「ミニハウス」の作り方

作型広がり獣害対策にも! 簡単に自作できる「ミニハウス」の作り方

連載企画:凄い!農家のアイデア集

作型広がり獣害対策にも! 簡単に自作できる「ミニハウス」の作り方
最終更新日:2020年09月11日

直売所に通年出荷するとなると、あったほうがいいのがビニールハウス。厳寒期に出せる野菜にも選択肢が増えるし、夏野菜の育苗にも役立つ。だけど、一般的なビニールハウスは値段も高く、建てるのも大ごと。ホームセンターにもミニハウスが売っているが、交換する部品が高価だったりする。そんなわけで今回は、自作で簡単にできるミニハウスの作り方を教わりに行った。

冬場の葉物栽培にうってつけ

大きなビニールハウスと内田さん(夏に撮影)

大阪府・能勢町で年間20〜30品目の野菜を50アールの畑で栽培し、主な売り先は地元の直売所という内田健太(うちだ・けんた)さん。40メートルの大きなビニールハウスが一棟あるものの、野菜のほとんどは、自分で作ったミニハウスでつくっている。数えると20棟ほどあるだろうか。あまり見ない光景だ。

内田さんの畑は山の際にある。露地栽培はせず、このようなミニハウスが20棟ほど並んでいる

ミニハウスは高さ1.8メートル。前かがみになって入ると、幅は2.5メートルと意外と広い。通路を隔てた左右には幅80センチほどのウネが1本ずつ立っている。奥行きは20メートルほどあるだろうか。大きなビニールハウスほどではないが、中はほんのりと暖かい。
「冬に葉物野菜なんかをつくるにはいいですよ」と内田さん。

ミニハウスの内部。このように、二重被覆をすると保温効果が高まる

1月中旬。私の露地畑ではすっかり生育が止まってしまったパクチーだが、このミニハウスでは新葉が伸び始め、収穫の真っ最中。
「ハウスの中にさらにトンネルを作って育てると、葉物は霜にも当たらないし、育ちもいいんですよ」。トンネルの中では、品薄になりがちな3月出荷に向けたルッコラが育っていた。
なるほど。ミニハウス自体の保温性は弱い(最高気温10度、最低気温氷点下4度の曇天の日で、ハウス内は最高気温15度、最低気温氷点下2度)が、二重に被覆すると保温効果がより高まり、人が出さない時期にも野菜が出せる。これは一般的な小さなトンネル栽培ではちょっとできないことだ。

最低気温が氷点下3度になる1月中旬でも青々としたパクチーが収穫できる

獣害対策にも効果的

「このハウス、インターネットで愛媛県のやり方を知って、やりはじめたんですよ」と内田さん。きっかけは意外にも「獣害」。就農初年度に壊滅的な被害に合い、お金がなくてもできる確実な対策を考えた結果、「ミニハウスで野菜を囲う」ことにしたそうだ。獣害にもやられなくなったうえ、できる作型も広がり、ミニハウスが主体の農業になっていった。

ハウスの作り方

必要な材料

何棟か作るうえで、内田さんなりに必要ないと考えたものを省略し、今のミニハウスに落ち着いている。

主な材料は以下の通り。

  • キュウリ用アーチパイプ(19ミリ径・ハウス1メートルごとに1組)
  • 直管パイプ(19ミリ径)
  • 農ポリ(農業用ポリエチレンシート)(幅200センチ)
  • 防風ネット(サイドから侵入する鳥獣害対策)
  • ハウス用パッカー(留め具)
  • パイプ用バンド(セッターとも呼ばれる)
  • ラセン杭
  • 針金
  • マイカー線(黒いビニールバンド)

材料はすべてホームセンターで買うことができるうえ、安価なものばかり。ハウスの長さも自分で決められるので、自分の懐具合と相談しながら、必要な規模で作ることができる。

ミニハウスの構造

正面から見たミニハウス

作り方は簡単だ。大型ハウスのように脚立は必要なく、一人でも設置できる。
骨組みはアーチパイプと直管パイプ。1メートルおきにアーチパイプを組み、それを3本の直管パイプ(天井、左右の肩)で支える。
被覆資材となる農ポリは、幅200センチのものを、天井と両サイドに設置し、ハウス用パッカーで直管パイプに固定する。
防風ネットは、ケモノや鳥が侵入しないように内側に取り付けている。

横から見たミニハウス

被覆資材をパッカーで留めるだけだと、台風などで吹き飛ばされるので、1メートルおきにマイカー線で押さえる。
ハウスの側面にそってラセン杭を約3メートルおきに地面にねじ込み、フック部分に針金を通しておく。その針金にマイカー線を結びつけていく。

被覆資材の着脱も自由自在

補修に手間がかからない

「ただ、大きなハウスよりはどうしても風に弱いんで、台風が来ると農ポリが剥がれちゃうこともありますよ」と内田さんが笑う。ただし、設置も簡単なら、補修もラク。骨材が曲がらない限りは、吹き飛んだ農ポリをまたパッカーで固定し直せばいいわけだ。

夏は雨よけハウスに変身

また、被覆資材である農ポリは手軽に着脱することができるので、内田さんは気温が高くなってきたら、両サイドの農ポリを外して、雨よけハウスに変身させる。
内田さんいわく「この仕組みを応用すれば、このハウスでおもしろい作型にも挑戦できそうなんですけどね。みなさん、逆に教えてほしいくらいですよ」

ご当地愛媛県では、おもしろい作型も

内田さんの言うように、愛媛県では、被覆資材を気軽に着脱できることを利用しておもしろい作型にも挑戦しているらしい。
たとえば、「キュウリ2作+軟弱野菜」。
3月下旬にミニハウス内のトンネルにキュウリを定植し、4月にはトンネル、5月にはハウスの被覆資材を除去し、5〜7月末まで収穫(ハウスの骨材を元どおりアーチパイプとして利用する)。その後、2作目のキュウリを定植し、10月末まで収穫。残渣(ざんさ)を片付けたら、ハウスに被覆資材を設置して、軟弱野菜のハウス栽培をする。

安価なうえに簡単にでき、なおかつ、アイデアさえあれば、大型ハウスにも負けない武器となりそうなミニハウス。内田さんの周りの直売農家にも広がっているそうだ。

関連記事
冬のハウス栽培の味方! 視察続出の誰でもできる「断熱ハウス」
冬のハウス栽培の味方! 視察続出の誰でもできる「断熱ハウス」
近年の燃料代高騰に加え、2019年10月からは消費税増税……。ますます財布事情が苦しくなるなか、果たして、これまでどおりの冬越しの仕方でいいのだろうか? 今回は、無加温ハウス内を加温設備なしでも効率的に暖める方法があると聞いて…
シリーズを全部読む
直売所で月3万円稼ぎたい!
直売所で月3万円稼ぎたい!
私・伊藤雄大、2年前から直売所で花や野菜を売っているが、農業はド下手くそ。目標の「直売所で月3万円稼ぐ!」ために、農家の先輩に作り方のコツを聞き、その様子をお届けします!

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧