【HB-101③】佐賀県玄海町と薬用植物栽培で連携協定!ー農家の収入向上へー

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 【HB-101③】佐賀県玄海町と薬用植物栽培で連携協定!ー農家の収入向上へー

【HB-101③】佐賀県玄海町と薬用植物栽培で連携協定!ー農家の収入向上へー

【HB-101③】佐賀県玄海町と薬用植物栽培で連携協定!ー農家の収入向上へー
最終更新日:2020年03月11日

株式会社フローラと佐賀県玄海町の協定締結式のようす

令和1年5月9日、天然植物活力液『HB-101』で知られる株式会社フローラと佐賀県玄海町は、薬物植物の栽培研究に関する連携協定を結びました。植物の安定的な生長につなげ、農家の収入向上を目的としています。

株式会社フローラは、「植物技術で日本中、世界中を100%以上幸せに。」と考えて、『HB-101』を製品化しました。人々の暮らしに役立つ植物技術で出来た商品を三重県四日市市から日本全国、世界中にお届けしています。

玄海町は佐賀県北西部にある町で、平成20年より漢方で使われる甘草などの栽培を新産業にしようと研究を続けています。しかし、薬用植物は栽培が難しく、発芽率が低いなどの課題を抱えていました。
そこで、玄海町は天然植物活力液『HB-101』の製造で知られる株式会社フローラと包括連携協定を結び、玄海町薬用植物栽培研究所で『HB-101』の実証実験を行い、薬用植物の生長に効果があるか? を検討するようになりました。


玄海町を視察する株式会社フローラの川瀬善業(かわせ よしなり)社長

具体的には、有機栽培や減農薬栽培に適している杉、ヒノキ、松、オオバコから抽出した『HB-101』を協定締結から1年間無料提供を受け、研究所で薬用植物の生育にも効果があるか? を共同研究します。一定の効果が確認された場合、薬用植物の栽培をしている地元の農家に使用を促していき、新産業として安定させることを狙います。また今後、玄海町の薬用植物を利用した製品の共同開発や研究も視野に入れています。

玄海町役場での協定締結式で、脇山慎太郎(わきやま しんたろう)町長は、「今回の協定により、農家の生産や収益の向上につながれば」と期待を寄せています。また株式会社フローラの川瀬社長も「限界町の発展やブランド力向上に貢献できるよう『HB-101』が役立つことを願っています」と話しました。


『HB-101』を1日に3回使っています。

-兵庫県淡路市 中谷学さん

『HB-101』を25年間、イチゴやさまざまな果樹に使っています。
イチゴに『HB-101』を使うと、実が大きくなり、糖度が高くなり、収穫量が増えた気がします。来園されるお客様は私たちが『HB-101』で作るイチゴを食べられると、その味の良さにびっくりされます。


『HB-101』はイチゴ圃場の中に設置した灌水チューブから、水とともに1日に3回、流しています。1日に3回『HB-101』を流すことで、高品質のイチゴが出来るので、多くのお客様に喜んでいただいています。

『顆粒HB-101』で植物が超元気になり、葉や花の色が違います。

-埼玉県幸手市 森田仁一さん

『顆粒HB-101』を使い始めて11年以上になります。

花が好きで植物を育て始めたのがきっかけで、今ではサツキや紅葉や桜やカリンなどを盆栽や鉢植えにして育てています。植え替えのときに、鹿沼土(かぬまつち)が17Lに対して、『顆粒HB-101』を付属の計量カップに4杯混ぜています。
植え付け後は鉢の大きさに合わせて根元にも『顆粒HB-101』を撒き、その上に鹿沼土を乗せて苔を這わせると、植物が元気になり、根元の苔も青々としてきた気がします。

植え替え後も何カ月かに1度の割合で、根元に『顆粒HB-101』を撒いています。

あるとき仲間が、「森田さんの所の盆栽や鉢植えはいつも元気がいいなあ」と言うので、改めて見てみると、確かに他と比べて葉っぱが青々としているのに気付きました。
友人の根腐れを起こしたサツキの腐った根を取り除いて、『顆粒HB-101』を混ぜた土に植え替えたところ、威勢が出てきて元気になったのには驚きました。

『HB-101』で野菜や果物やお米は沢山収穫でき、おいしいと評判が良いです。

-宮崎県都城市 山口勝也さん

『HB-101』を使い始めて11年以上になります。
当初、トマトとキュウリの苗に『HB-101』の1000倍液を月に2回散布しました。トマトは11月に霜が降りるまで収穫できました。『HB-101』のおかげで、トマトは株が丈夫で勢いが良く、害虫がつきにくく、とても美味しく、収穫量が多かったです。以来、野菜、果物、花等すべての植物に『HB-101』を使用しています。



 
バラの挿し木や日常の手入れにも『HB-101』は欠かせません。
イネの苗には『HB-101』の1000倍液を散布後、植え付け、本田では7回、『HB-101』の1000倍液を散布します。『HB-101』未使用時に比べて300坪あたり、120㎏以上多くお米が収穫できます。
姉や弟や妹に1年分の食用としてお米を渡し、親戚や友人にはお土産として配布して、大変喜ばれています。

『HB-101』のおかげで米粒が大きく、色艶があり、美味しいと評判が良いです。何よりも安全で安心して『HB-101』を使えるのが魅力です。


◆『HB-101』サクセスストーリー

◆『HB-101』の商品ページはこちら
◆天然植物活力液の購入はこちら
◆『HB-101』の特徴はこちら
◆お電話での購入は 0120-86-1261

社名:株式会社フローラ
所在地:〒510-0855 三重県四日市市馳出町3-39
TEL:059-345-1261
E-mail:info@HB-101.co.jp


関連記事
プロご用達の天然植物活力液『HB-101』は土壌改良や有機・減農薬栽培であらゆる植物を元気にします。
世界50カ国以上で8000万人愛用! 家庭菜園でも活躍! 天然植物活力液『HB‐101』
野菜や果物、花の悩みに…。天然植物活力液『HB-101』を試してみませんか?
【HB-101①】100%植物由来の天然植物活力液を世界へ
【HB-101②】寒い時期もへっちゃら! あらゆる植物を天然由来の成分でサポート

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧