パッションフルーツとは? おいしい食べ方や栄養・育て方などを解説

マイナビ農業TOP > 食育・農業体験 > パッションフルーツとは? おいしい食べ方や栄養・育て方などを解説

食育・農業体験

パッションフルーツとは? おいしい食べ方や栄養・育て方などを解説

パッションフルーツとは? おいしい食べ方や栄養・育て方などを解説
最終更新日:2020年04月21日

酸味と甘さが程よく南国の香りも楽しめる「パッションフルーツ」。健康維持や女性にうれしい栄養が豊富に含まれたパッションフルーツの食べ方や味の特徴、意外と知られていない栄養まで詳しくご紹介します。

パッションフルーツとは

パッションフルーツは南米が原産のつる性の熱帯果樹でトケイソウ科トケイソウ属の果物です。日本には明治時代中期に導入されました。その名前から「パッション=情熱」のフルーツと思われがちですが実際は花の形がキリストの受難(パッション)に似ていることに由来しています。花が時計の文字盤を思わせることから和名では「クダモノトケイソウ」といいます。最近では夏の節電対策として人気のグリーンカーテン作りに、花や果実も楽しめる植物としてパッションフルーツが注目されています。

関連記事
緑のカーテンにITを導入。技術を取り入れ、生き残る。
緑のカーテンにITを導入。技術を取り入れ、生き残る。
パッションフルーツの緑化装置とITを組み合わせ、都市を夏の暑さから守る「クールアイランドシステム」。このシステムを開発したのは、長崎県大村市・鈴田地区の農家22人が地域振興のために出資してつくった、鈴田峠農園有限会社です。…

時期(旬)

 
輸入もされているので一年を通して手に入りますが、国産のものはハウスなど早いもので2月あたりから収穫が始まります。6〜8月にもっとも多く出回ります。

主な産地

鹿児島、沖縄を中心に東京の小笠原や千葉の館山など温暖な地域で作られています。

種類

パッションフルーツには流通量の多い紫色種の他に黄色種があります。その他にも海外では形が丸いものや縦に細長いものなどさまざまな品種があります。

パッションフルーツはどんな味?

パッションフルーツは甘酸っぱく南国のフルーツらしいトロピカルな味がします。マンゴーやパインとも異なり芳醇で華やかな香りです。追熟させることで酸味が抜け甘さが増します。
夏と冬の年に2回、収穫を迎えるパッションフルーツですが、酸味が控えめで甘みがよく乗る夏果に比べ、冬果は酸味が強くなります。収穫時期によっても甘みと酸味のバランスが異なります。ハワイではパッションフルーツのことを「リリコイ」といい「リリコイパンケーキ」のソースとして食べた事があるという方も多いかもしれません。

パッションフルーツ

パッションフルーツの栄養や効能

β-カロテン
パッションフルーツにはβ-カロテンが豊富に含まれており100g当たり1100μgとフルーツの中ではトップクラスの多さを誇ります。β-カロテンは体内でビタミンAに変換され、皮膚や粘膜を健康に保つ働きや、免疫力を高めて風邪を予防するなどの効果が期待できます。

カリウム
カリウムには体内の塩分濃度を調整して、余分な塩分を排出する働きがあります。利尿作用があり、むくみ解消や高血圧予防にも有効とされています。

ビタミンC
ビタミンCには強い抗酸化作用があり、ガンや脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病を予防する働きがあります。さらにハリのある肌へ導くコラーゲンの生成を促し、シミの原因となるメラニンの生成を抑えるなど美肌づくりに欠かせない栄養素です。

ビタミンB6・葉酸
アミノ酸の合成と代謝に大きな役割を持ち、脂質の代謝や貧血、肌荒れ予防をサポートするビタミンB6と、同じビタミンB群の一つで胎児の健全な発育や、貧血、認知症の予防に不可欠な葉酸など、パッションフルーツには女性に欠かせない栄養素が多く含まれています。

パッションフルーツのおいしい食べ方

そのままでもおいしいパッションフルーツですが、さまざまな食べ方で楽しむことができます。

生食
上下に半分にカットすると切った時に果汁がこぼれてしまうため、上から7ミリ位の部分を包丁でカットするのがお勧めです。スプーンでかき混ぜ果肉をタネごといただきましょう。外皮は硬くて食べられませんが、器として使うこともできます。

パッションフルーツソース
中の果肉をそのままソースとしてヨーグルやアイスにかけたり、ドレッシングに使ったりと活用方法はさまざまです。また果肉と砂糖を弱火で煮詰めればジャムとしても楽しめます。
 
パッションフルーツジュース
炭酸水やサワーで割り飲み物としても楽しめます。甘さが欲しい時はハチミツや砂糖を入れて調整します。タネが気になる場合はザルで裏ごししてタネを取り除きピューレを使います。またスムージーならミキサーでタネは粉砕されるので気になりません。

パッションフルーツ

パッションフルーツゼリー
パッションフルーツの果肉を取り出した後の皮をカップにして、ゼリーを作るのもおすすめです。ゼラチンパウダー1袋、水100ml、砂糖大さじ2を耐熱の器に入れ電子レンジ(500W)で1分加熱します。
そこにパッションフルーツ2個分(100g)の果肉をタネごと加えよくかき混ぜます。皮のカップに注ぎ冷蔵庫で冷やし固めれば完成です。パッションフルーツは半分に切って果肉を取り出したらカップに残った薄皮を取り除き、底になる部分は1円玉位の大きさで薄くカットしておけば底が平らになり安定します。

パッションフルーツ

パッションフルーツの選び方のポイント

・表面に大きな傷や割れ目がない

・全体的に均等に色が付いている

・ツヤとハリがある

・果皮にシワが入っていて熟しているもの

パッションフルーツの保存方法

表面にシワがない状態のパッションフルーツは甘酸っぱくておいしいですが、常温(20〜30℃がベスト)において追熟させるとフルーティーな香りが漂い酸味がやわらぎます。
すでに追熟させたものを保存する時や、追熟前の状態で食べたい時は密封袋に入れて野菜室で保存します。
そのまま冷凍保存することも可能です。食べる時は少し解凍してから包丁でカットし、スプーンですくって食べます。シャーベット状もおいしくてオススメです。

パッションフルーツの育て方・栽培方法

パッションフルーツ

植え付け

苗の植え付けは4月頃で、グリーンカーテンに使う場合は夏に間に合うようになるべく大きく育った苗を選びます。苗植えの方法としては、鉢やプランターを使う場合と地植えがあります。
鉢やプランターの場合、根張りの良い植物なのでできるだけ大きな容器を選びます。
地植えの場合、できるだけ日当たりや水はけがよく、強風が吹きつけない場所を選びます。比較的耐寒性のある紫色の品種でも霜に当たると葉が枯れてしまうため、遅霜の心配がなくなってから植え付けを行います。

水やり

パッションフルーツは水切れに弱い植物なので、たっぷりと水やりをします。
鉢植えなら鉢底から水が流れ出るくらいしっかりと、地植えの場合も真夏の乾燥時期は1日2回行うなど水切れしないよう注意が必要です。

肥料

植え付け時に堆肥(たいひ)と窒素、リン酸、カリウムがバランスよく入った緩効性肥料をたっぷりと与えます。ある程度株が充実したら窒素肥料は控えめにして、花と実をつけさせるためにリン酸肥料を施します。

病害虫

病害虫はそれほど多くありませんが、新芽にアブラムシがつきます。風通しが悪いとカイガラムシが発生することがあるので、見つけたらすぐに除去し、風通しがよくなるよう仕立て直します。

摘心

剪定(せんてい)の一種で植物の新芽を取り除く作業です。つるの先端部分をカットすることでわき芽を増やし、つるをたくさん茂らせることができます。

剪定

伸びすぎたつるや主枝を剪定します。こうすることで成長が促され実がたくさん付くようになります。本格的な剪定は冬越しするための準備として果実の収穫後に行います。

誘引

つるの誘引を行います。鉢植えなら支柱を使った行灯(あんどん)仕立て、グリーンカーテンならネットへ誘引します。はじめのうちは横方向へ誘引します。つるをネットにビニールひもで固定します。こうすることで風などでフラつかず順調に成長していきます。主幹が1~1.5メートル程に成長したら上方向へ向きを変えます。その後は自然に伸びていきます。

受粉

開花後に人工授粉をすると結実しやすくなります。5月あたりから花が咲き始め、2カ月ほど開花が続きます。パッションフルーツの花は一日花なので、咲いたその日に枯れてしまいます。咲いた花を見つけたらその日のうちに受粉を済ませます。受粉が成功すると数日でめしべの中心部が膨らみます。順調に育てば受粉から3カ月ほどで収穫できます。

ジュースやソースなどで知っていても、実際に果実を食べたことがある方は意外と少ないパッションフルーツ。手軽に食べられてさまざまな食べ方を楽しむことができる南国のフルーツです。そして女性にうれしい栄養がたっぷり詰まったパッションフルーツは、美容と健康維持の強い味方です。保存方法もいかしておいしく上手に取り入れていきましょう。

パッションフルーツ

監修:日本野菜ソムリエ協会

関連記事
パッションフルーツ×ITで都会を冷やすクールアイランドシステム
パッションフルーツ×ITで都会を冷やすクールアイランドシステム
毎年夏になると、ヒートアイランド現象で高温が続く都市部。そんな都市部の救世主となる可能性を秘めているのが、なんと「パッションフルーツ」です。長崎県の鈴田峠農園では、パッションフルーツによる緑化とIoT、AIを組み合わせ、都市…
トロピカルフルーツの食べ方 パパイヤ・ドリアン・マンゴスチン【果物ガイド】
トロピカルフルーツの食べ方 パパイヤ・ドリアン・マンゴスチン【果物ガイド】
トロピカルフルーツといわれて、どのようなものを思い浮かべますか。今回は代表的なトロピカルフルーツ3種類、パパイヤ、ドリアン、マンゴスチンについて、基礎知識からおいしい食べ方まで紹介します。とろりとした独特な食感、ほんのり…

関連記事
緑のカーテンにITを導入。技術を取り入れ、生き残る。
緑のカーテンにITを導入。技術を取り入れ、生き残る。
パッションフルーツの緑化装置とITを組み合わせ、都市を夏の暑さから守る「クールアイランドシステム」。このシステムを開発したのは、長崎県大村市・鈴田地区の農家22人が地域振興のために出資してつくった、鈴田峠農園有限会社です。…
商品化も次々に実現!「東京野菜」の仕組みと農家のメリット
商品化も次々に実現!「東京野菜」の仕組みと農家のメリット
「都産都消」をコンセプトに朝採れの新鮮な野菜を直送する、東京都の地域ブランド「東京野菜」。青果の仲卸会社である株式会社大治(だいはる)が集荷し、都内のスーパーや飲食店に配送しています。「都内の農家さんで、コンセプト等が…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧