全くの農業ド素人が「星付きシェフに野菜を届ける農家」へたどり着いた勉強法!|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 全くの農業ド素人が「星付きシェフに野菜を届ける農家」へたどり着いた勉強法!

会員限定

全くの農業ド素人が「星付きシェフに野菜を届ける農家」へたどり着いた勉強法!

全くの農業ド素人が「星付きシェフに野菜を届ける農家」へたどり着いた勉強法!

農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。

農業人生の最初から、私が常に考えていたのは「出口」。今回は売り先を意識した野菜づくりのための武井流勉強法をお伝えします。

最終的な出口を決める

私は野菜の作り方を習ったことはありません。
農業人生最初の1年は両親の市場出荷の手伝い。その傍ら、空いている畑で、小松菜、大根、ニンジンなど複数の野菜の種まきをしてみると、ド素人が作った小松菜らしきもの、大根らしきもの、ニンジンらしきものが収獲できました。そしてそれらをインターネットで野菜セットとして直接個人に販売することに。
この時から、売り先が直接見えない市場に出荷をしていた両親とは別の農業が始まることになりました。
私が常に考えていたのは「出口」です。私は野菜の作り方を習ったことがないので、入り口、つまり「何を作るか」をそれほど重視していなかったのかもしれません。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧