休みが年々増える「ホワイト農場」、可能にしたのは世界に広がるトヨタ方式|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 休みが年々増える「ホワイト農場」、可能にしたのは世界に広がるトヨタ方式

休みが年々増える「ホワイト農場」、可能にしたのは世界に広がるトヨタ方式

連載企画:農業経営のヒント

休みが年々増える「ホワイト農場」、可能にしたのは世界に広がるトヨタ方式

作業の効率を上げたいが、何をどう変えたらいいか迷っている農家もいるのではないだろうか。生産者のそんな課題の解決を目指し、トヨタ自動車が提供しているのが農作業支援サービス「豊作計画」だ。今回は豊作計画を導入し、意欲的に事業を見直している農業法人のOne(石川県金沢市)を紹介したい。

「トヨタ生産方式」のカイゼン活動で週休2日を実現

トヨタは2014年に豊作計画の提供を始めた。サービスには二つの柱がある。
一つは農作業をデータで管理するシステムで、パソコンやスマホを使って作業内容を記録し、作業計画を立てる。
もう一つは生産性向上のために現場で知恵を出し合う「カイゼン活動」だ。トヨタのスタッフが農場に行き、作業のどこが非効率かを農家が自ら見つけ出して改善するためのポイントを指導する。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧