育てる品種は毎年変わっていい 武井流「品種の取捨選択法」|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 育てる品種は毎年変わっていい 武井流「品種の取捨選択法」

育てる品種は毎年変わっていい 武井流「品種の取捨選択法」

育てる品種は毎年変わっていい 武井流「品種の取捨選択法」

農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。

どの品種を選ぶかは農家次第、でも、その選び方のベンチマーク(基準)をしっかり持っておくことは必要。はやっているから、人気が高そうだから、という理由だけでなく、戦略的に品種を選んで売り上げアップにつなげる方法を伝授します。

品種選定は売り上げに直結する

栽培する野菜の種を選んでいる時は楽しい時間です。皆さんはどのような考えで選んでいますか。この連載の「売上アップの近道! 品種選びで他の農家に圧倒的な差をつけるには」にも書きましたが、この時間はとても重要で今後の売り上げに関係します。

関連記事
売上アップの近道! 品種選びで他の農家に圧倒的な差をつけるには
売上アップの近道! 品種選びで他の農家に圧倒的な差をつけるには
農業を始めて一度の営業もせずに、現在は栽培した野菜の95%をレストランへ直接販売しているタケイファーム代表、武井敏信(たけい・としのぶ)です。このシリーズでは売り上げを伸ばすためのちょっとした工夫をお伝えします。 皆さ…

どの作物(品目)を育てると利益率が高いか、ということに着目する人は多いと思います。就農時はそれでも良いですが、就農してしばらくすると「品種」にこだわることで売り上げが変わることに気づき、毎年品種を変える人も多いのでは。新しい品種が毎年出る中、自分にとってベストなものを選ぶことが必要で、販売するステージによっても重要視するものは変わります。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧