若手農家のチームが被災地を支援、募金で集めた100万円|マイナビ農業
マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 マイナビ農林水産ジョブアス 10/20OPEN 先行登録キャンペー農林水産 閉じる

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 若手農家のチームが被災地を支援、募金で集めた100万円

若手農家のチームが被災地を支援、募金で集めた100万円

連載企画:農業経営のヒント

若手農家のチームが被災地を支援、募金で集めた100万円

自然災害に備えることが、農業経営にとってますます重要になってきた。大型台風などが毎年のように襲い、深刻な被害をおよぼしているからだ。そうした中、被災地に必要な物資を送るため、募金を集めて積み立てておく仕組みを千葉県の農協に所属する若手農家のチームが作った。その狙いについて、発起人の稲垣健太郎(いながき・けんたろう)さんに聞いた。

「飲み水がない」SOSに応えた他地域の協力

積立金の名称は「災害支援対策準備金」。千葉県農協青年部協議会が2020年4月に作った制度で、募金を出した人を含めて関係するメンバーのことを「Bondsネットワーク」と呼んでいる。bondsは英語で「絆」の意味だ。
青年部は各農協に加入している40代までの農家の集まりで、協議会はその上部団体。4月まで委員長を務めていた稲垣さんが発案し、実現した。稲垣さんはすでに委員長を退き、現在は協議会の参与の立場にある。
稲垣さんは以前から構想をあたためていたが、ある災害をきっかけに実現を急ぐべきだと判断した。2019年9月9日に千葉県を直撃した台風15号だ。
記録的な強風を伴うこの台風により、千葉県各地で栽培ハウスの倒壊や作物の倒伏、倉庫の損壊など甚大な被害が発生。千葉県が2020年3月にまとめた最終報告によると、農林水産業を合わせた被害総額は665億円に達した。

画像1)台風15号で壊れた栽培ハウス

台風15号で壊れた栽培ハウス

台風の直後、稲垣さんは県内各地の青年部と連絡をとろうとした。だが被害が深刻な地域は停電でスマートフォンを充電できなかったり、携帯電話の基地局が機能しなくなったりして、状況をつかむことが難しかった。真っ先に連絡がとれたのは、千葉市の東側にある八街市の青年部員。相手が訴えたのは「飲み水がない」ということだった。断水の影響だ。
苦境を知った稲垣さんは、関東甲信越地域の農協青年部協議会の委員長に「水を手配できませんか」とLINEで伝えた。対応は迅速だった。群馬と神奈川の委員長がホームセンターでペットボトルの水を買い、トラックで現地へ届けてくれた。その後、他の各県も飲料やブルーシートを送ってくれた。
農協の青年部の活動なので、本来なら農家に支援物資を届けるのが筋かもしれない。だがこのときは対象を農家に限定せず、青年部のメンバーが被災地の各家庭を回って水を提供した。稲垣さんは「農家のためとか、そんな小さなことを言っていられる状況ではなかった」と振り返る。

画像2)他県から届けられたペットボトルの水

他県から届けられたペットボトルの水

一口で500円の募金を集める工夫とは

台風15号の経験を通し、稲垣さんは「いざというときにすぐ支援物資を買える資金が必要だ」との思いを強めた。災害の種類は地震や台風、豪雪などさまざまで、何が必要になるかを予想するのは難しい。だが、お金を積み立てておけば柔軟に対応できる。そこで作ったのが、「災害支援対策準備金」だ。

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧