獣害柵に「隙(すき)」はないですか?必ず防げる防護柵の設置法

マイナビ農業TOP > 農家ライフ > 獣害柵に「隙(すき)」はないですか?必ず防げる防護柵の設置法

獣害柵に「隙(すき)」はないですか?必ず防げる防護柵の設置法

連載企画:凄い!農家のアイデア集

獣害柵に「隙(すき)」はないですか?必ず防げる防護柵の設置法
最終更新日:2021年05月12日

春野菜の収穫が始まると、いよいよ農繁期がスタートします。でも、野菜の収穫を喜ぶのは、ケモノたちも一緒です。本格的な農繁期に入る前に、対策ができているかしっかりチェックしておこう。そんなことを考え鳥獣害対策のセミナーに参加すると、改めて見直すべき点が分かりました。
「対策は十分できている」と思っている人にこそ知ってほしい、“本気の対策”を紹介します。

今年こそ畑を荒らされたくない!

セミナーには40人余りの悩みを抱える人たちが集まった

もう、今年こそは、畑を荒らされるのは絶対イヤだ。そんな私と同じ思いを抱える人がこんなにいるなんて、驚きました。
2021年3月13日、兵庫県川西市の国崎クリーンセンター啓発施設「ゆめほたる」で催された「地域のための獣害対策セミナー『あなたの農地里山は守れてますか?』」は、座学と実習も含め9時30分〜17時の長丁場にもかかわらず、40人以上もの受講者が集まっていました。
この辺りは山間部の農地が多く、サルはほとんど来ないものの、イノシシやシカといった定番の大型動物のほか、アライグマやハクビシン、タヌキ、ヌートリアなどの厄介な中型動物もいるような地域です。
特にシカの被害は総じて多く、捕獲などによって全盛期よりは減ったものの、兵庫県全体では10万頭まで増えているそうです。
数字だとちょっとピンとはきませんが、座学で見せてもらった付近の自動撮影映像は、衝撃でした。「どこまで続くんだ」というくらい、長蛇をなしたシカの隊列が山を駆けていく様子や、獣道に転がる大きな丸太を軽々と押しのけるイノシシの様子……。それを見た受講者からは、悲鳴とも諦めともつかぬ声が上がりました。──これを完全に防ぎきるのは、そりゃあ、大変です。

近所で捕獲された、まれにみるような大きなシカ。こんなのが多数いるとなるとため息が出る

基本が大事! 「本気」の獣害防護柵

実地研修を担当した高柳敦(たかやなぎ・あつし)さん(中央)。京都大学大学院農学研究科森林科学専攻森林生物学分野准教授

それでも「本気で防護柵を設置すれば、『必ず』獣害は止められます」と力強く言うのは、実地研修の講師としてやって来た、京都大学の高柳敦さん。高柳さんは農学研究科の准教授なのですが、大きなポシェットやカバンから、次々と柵設置の道具を出す様子は、まるで職人のよう。各所で防護柵の設置・維持管理を行う現場肌の先生のようです。力強い言葉に励まされます。
「ホームセンターで買えるワイヤーメッシュや防獣ネットでも、ちゃんと設置すれば十分です」と、高柳さん。
受講者から「エーッ!?」と声が上がる理由はなんとなくわかります。私自身もワイヤーメッシュとネットで柵をつくったことがありますが、小さなイノシシにすら軽々と突破されたからです。

関連記事
【害獣対策】専門家が教える!効果が高いワイヤーメッシュの選び方
【害獣対策】専門家が教える!効果が高いワイヤーメッシュの選び方
日本全国で野生鳥獣による農作物被害が発生しています。被害を食い止めるために農家さんは農業系の新聞や雑誌、インターネットなどから情報を集め、被害対策グッズを購入すると思います。しかし、田畑を囲うための柵一つとってみてもさ…
野生動物の侵入防止に効果的! ワイヤーメッシュと電気柵の正しい使い方
野生動物の侵入防止に効果的! ワイヤーメッシュと電気柵の正しい使い方
イノシシやサル、シカなどの野生動物が田畑に侵入して農作物を食い荒らす被害が大きな社会問題になっています。農地を守るための侵入防止柵として、一般的によく使われるワイヤーメッシュと電気柵について、野生動物の行動を考慮に入れ…

続けて、高柳さんは言います。
「ただし、つらい思いをして、一生懸命やるだけではダメですよ。常に頭を使って、考えながら、本気でやるんです。相手は『柵を突破するプロ』。夜になると、柵をぐるーっと回って、どこが弱いかを観察します。だから、こっちも必死で、『絶対に通さない』ように考えて、隙がないように柵をつくらなきゃなりません」
以下、高柳さんに教わったワイヤーメッシュを設置する時のポイントをいくつか紹介します。

ワイヤーメッシュ設置の基本

地面との隙間を絶対につくらない

ご存じのように、遠くからはきれいに整備されたかのように見える畑でも、地面にはいくらか凹凸があり、完全に平坦なところはありません。何もせずにワイヤーメッシュを設置しようとすると、真っすぐにはならず、どこかが浮いてしまいます。「絶対ダメ!」と高柳さん。
イノシシは、地際との隙間から鼻を突っ込みワイヤーメッシュを持ち上げたり、あるいは、穴を掘って侵入しようとしてきます。
「ワイヤーメッシュの地際方向の先端部分は、絶対に地面に埋め込んでください」とのこと。柵を設置する部分をツルハシで軽く掘ったうえで、ワイヤーメッシュをあてがい、足でギュッと踏みつけます。

ワイヤーメッシュの先端の突起が見えないように、据える。ワイヤーメッシュを金づちで打ち込んでもよい

支柱は「意地でも」深く突き刺す

支柱は50〜70センチ打ち込むのが基本。支柱は1本だけでなく、ワイヤーメッシュを挟むように2本打ち込む。線径4ミリ以上のワイヤーメッシュなら、上部30センチくらいは柱がなくても大丈夫

ワイヤーメッシュの支柱にも「隙」があると、危険。
「よく、地面が硬いからもういっかと諦めちゃうことがあるんですけど、ダメです。意地でも、目標の深さまで打ち込みます」と高柳さん。確かに、諦めちゃうこと、あります。
深さの目標は50〜70センチ。150センチあった支柱が、どんどん地面に埋まっていき、最終的には膝丈くらいの高さになりました。ここまでやらないといけないのか……。
とはいえ、どうしても地面が硬いところもあります。そういうところは、先端がとがった鉄筋や、ドリルなどで下穴を開ける。ワイヤーメッシュの柵を頑丈にするのは支柱次第、簡単にスポンと抜けるようでは、何の意味もありません。
さらに、この支柱をワイヤーメッシュを挟み込むように2本打ち込み、16番以上の太さの針金で頑丈に縛って、1カ所が完成。

2本の支柱でワイヤーメッシュを挟み込む。結束は、16番以上の太さの針金2本を交差させてタスキ掛けにし、ぎゅっと締める。これを、上・中・下と3カ所行う

支柱は、ワイヤーメッシュ1枚あたり、左・右・中央の3カ所に打ち込み、結束します。
「完成したら、一度、自分で力を込めて、手でグッと持ち上げようとしてみてください。持ち上がらなければ、イノシシの力でも無理です」と、高柳さんが目安を教えてくれました。

ワイヤーメッシュ同士は必ず重ねて設置する

ワイヤーメッシュ同士の重ね方が甘いと、軽く蹴るだけで隙間ができる

「あれ、ワイヤーメッシュの数がちょっと足りない。じゃあ、ここは重ねなくてもいっか、って、やりませんか?」と高柳さん。正直、私もよくやります。
「絶対ダメです」と言い、高柳さんがワイヤーメッシュ同士の隙間を軽く蹴ると、簡単に隙間ができました。最低でも1マスは重ねないとイノシシは侵入してきます。

地面の凹凸が激しい場合の重ね方の例(凸地の場合)。上までしっかり重ねる

ワイヤーメッシュ代は高くなりますが、必要な部分でケチケチして、結局、柵を突破されては意味がないのです。

横向きのワイヤーを柵の内側に

ワイヤーの交差する部分を見て、横のワイヤーが柵の内側、縦のワイヤーが外側になるように設置する。写真は手前が内側、人のいる方が外側

また、強度を上げるちょっとした工夫として、ワイヤーメッシュの横向きのワイヤーの方を内側に向けるといいそうです。
安く買えるワイヤーメッシュほど溶接が脆弱で、イノシシがくわえて引っ張ってしまうと、その部分から壊れていってしまうからです。確かに横向きの方がくわえやすそう。

高柳さんの話を聞いていると、なるほど、設置する人間の「まあ、いっか」という心の隙から、イノシシは侵入してくるようです。
春夏野菜の収穫が忙しくなる前に、自分の畑の獣害防護柵に隙がないかどうか、ぜひ、チェックしてみてください。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧