うどん粉病やハダニ類の対策に、パナソニックの『UV-B電球形蛍光灯セット』を|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産技術 > うどん粉病やハダニ類の対策に、パナソニックの『UV-B電球形蛍光灯セット』を

うどん粉病やハダニ類の対策に、パナソニックの『UV-B電球形蛍光灯セット』を

AGRI+

うどん粉病やハダニ類の対策に、パナソニックの『UV-B電球形蛍光灯セット』を

『UV-B電球形蛍光灯セット』は、植物に紫外線B波を照射することで、植物の免疫機能を活性化させ、うどん粉病などの発生やハダニ類(ふ化率を低減)を抑制する画期的なシステムです。


 width=600

  1. 夜間の3時間照射で「うどん粉病」や「ハダニ類」を抑制
  2. 良品率を高め、「減農薬」や「省力化」を同時に実現
  3. エビデンス情報はこちら

紫外線B波を活用した画期的な防除システム

静岡県掛川市で『UV-B電球形蛍光灯セット』を導入する鈴木農園は、1.4haのハウスでイチゴを栽培(約14万株)し、生食用や製菓業務用として中京圏や関東圏などに出荷しています。

パナソニックライティングデバイス株式会社

「イチゴうどん粉病は防除で対応ができており、深刻な状態ではなかったのですが、5月に入ると大発生するほ場もありました。イチゴは5月に入ると出荷をやめたり、面積を減らす生産者が多く、残されたハウスは放置状態となるため、菌が飛来しやすいのかもしれません。また、春以降は葉の展開が早く、手入れが遅れるとジャングル状態になるので、そこに農薬を散布するとなると薬剤の量が増え、労力もかかるので合理化したいという思いはありました。そうした時に導入したハウスを見学し、イチゴうどん粉病が抑えられていることを目の当りにし、導入を決めました」と話すのが代表の鈴木さん。

紫外線B波を浴びた植物が体内の抵抗性遺伝子を活性化させて、感染抑制タンパク質を生成することで病気などへの感染を抑えるというのが『UV-B電球形蛍光灯セット』のメカニズム。

パナソニックライティングデバイス株式会社

「照射は夜間の3時間。導入後は殺菌剤の散布を止めることができ、イチゴのストレスも軽減。長く収穫できるようになったことで収量が増え、労力・農薬ともに軽減できるなど、効果には満足しています。うどん粉病の心配がなくなり、選別の手間も省け、良品率が上がります。規模や環境などにもよりますが、安全性や効率の良さを考えれば十分な費用対効果が得られると思います」と笑顔で話します。

イチゴ以外では、花卉栽培での活用やメロンやトマトなどへの実証実験も行われています。うどん粉病やハダニ対策でお悩みの方、減農薬や作業の省力化に取り組んでおられる方は、検討してみてはいかがでしょうか?

パナソニックライティングデバイス株式会社

    ・商品名:UV-B電球形蛍光灯セット
    ・価格:オープン価格/6本セット
    ・導入:設置は1000㎡当たり60本が目安です。照射効果は約4500時間の長寿命(夜間3時間・年間8カ月の点灯で約6年間に相当)です
     ※設置本数は現場の状況で変わります。詳しくはお問い合わせください

[問い合わせ先]

パナソニック ライティングデバイス株式会社
https://panasonic.co.jp/ls/pldv/

〒569-1193 大阪府高槻市幸町1番1号

お客様相談センター
フリーダイヤル:0120-878-213(平日9時~17時)

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧