【外国人雇用について考える】第30回:企業が守るべき外国人労働者雇用の法律|行政書士が徹底解説|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 【外国人雇用について考える】第30回:企業が守るべき外国人労働者雇用の法律|行政書士が徹底解説

【外国人雇用について考える】第30回:企業が守るべき外国人労働者雇用の法律|行政書士が徹底解説

連載企画:外国人雇用について考える

【外国人雇用について考える】第30回:企業が守るべき外国人労働者雇用の法律|行政書士が徹底解説

外国人労働者は、日本人労働者より安く働かせることができると思っていませんか?
それは誤解です。外国人労働者を雇用する際も日本人を雇用する際と同等の待遇が必要と法律で定められています。

今回は、外国人を受け入れる際に守らなければ法律について詳しく解説していきます。

関連記事
【外国人雇用について考える】第6回:知らなかったでは済まされない!不法就労助長罪とは?企業が注意すべきポイント
【外国人雇用について考える】第6回:知らなかったでは済まされない!不法就労助長罪とは?企業が注意すべきポイント
昨今よく耳にする「不法就労」ですが、外国人労働者本人だけでなく、企業にも大きく影響を与えることをご存知でしょうか? 入管法には不法就労助長罪という処罰が定められており、これは受入れ企業にも適用されます。 わざとではな…
【外国人雇用について考える】第14回:外国人の雇用契約書のポイントを押さえてトラブル回避!サンプルも公開
【外国人雇用について考える】第14回:外国人の雇用契約書のポイントを押さえてトラブル回避!サンプルも公開
外国人を雇用する際、契約書の作成においてトラブル回避のために気を付けるべきポイントがあります。日本人雇用と同じく注意が必要な点も併せてご紹介しますので、きちんと契約書を作成し、トラブルを未然に防ぎましょう。

企業が外国人労働者を雇用する際に守るべき法律

日本人労働者に適用される法律として、雇用対策法、職業安定法、労働者派遣法、雇用保険法、労働基準法、最低賃金法、労働安全衛生法、労働者災害補償保険法、健康保険法、厚生年金保険法、男女雇用機会均等法などがあります。多くてびっくりされたのではないでしょうか? 

これらの法律は外国人労働者にも、すべて適用されます。

以下では特に大事な「労働基準法」、「出入国管理及び難民認定法(以下「入管法」)」、「雇用対策法」、「最低賃金法」の4法に絞って、解説します。

  続きを読む  

関連記事
【外国人雇用について考える】第17回:入管法改正とは?特定技能や2021年改正案についてわかりやすく解説
【外国人雇用について考える】第17回:入管法改正とは?特定技能や2021年改正案についてわかりやすく解説
昨今話題となっている「入管法 改正」が、どんな法律かご存知でしょうか? 特定技能や改正案について詳しく解説いたします。
【外国人雇用について考える】第31回:外国人労働者問題と解決策について行政書士がわかりやすく解説!
【外国人雇用について考える】第31回:外国人労働者問題と解決策について行政書士がわかりやすく解説!
外国人労働者数は2020年10月末で172万4,328人と過去最高を更新しました。 しかし、外国人労働者の増加に伴い、不法残留・不法就労・技能実習生の失踪などの問題が増加しています。中には、雇用者側・受け入れ側の認識不足で起きた問題…

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧