スイカと一緒に私を発信する! ファンを増やす農業の形|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > スイカと一緒に私を発信する! ファンを増やす農業の形(3/3)

スイカと一緒に私を発信する! ファンを増やす農業の形(3/3)

スイカと一緒に私を発信する! ファンを増やす農業の形

全国の農場を渡り歩いているフリーランス農家のコバマツです。今回は沖縄県に来ています。Instagramで沖縄の農家を検索していたら、独自のスイカブランドを立ち上げ、Instagramを活用して販売しているという農家を発見! スイカ1玉6000円前後とお高めな値段にもかかわらず、なんと一瞬で完売するそう。その販売力の秘密はスイカと一緒に「自分」を買ってもらっていることだといいます。どんな投稿をしたらSNSで作物が即完売になるの? 農作業しながらそんな配信できるの? いろいろと聞いてきました。

ファンが増える投稿とは

Instagramで生産者のありのままを発信する!

コバマツ

上間さん、本当に毎日Instagramの写真やストーリーをまめに投稿していますよね! 私もついつい気になって見ちゃいますもん。何かフォロワーを引き付ける投稿のコツとかあるんですか?
他の農家の投稿って「収穫できました!」とか「販売開始します!」って、いいところしか発信しない人が多いと思うんです。でも、私は、成功も失敗も隠さず、毎日発信しています。農家にとって何気ない作業も、消費者にとっては「え、そんなこともやるの?」と新鮮に映るみたいで。非農家から農家になった私だから、そういった消費者目線も交えて発信できるのは強みかなと思います。

上間さん

コバマツ

確かに他の農家さんの投稿ではいいところしか見ないかもしれません。「失敗しました!」とか「今日は肥料まきます」「除草します」とかっていう投稿ってあまり見ないかも。
以前、納得いくスイカを作ることができなかったことがあったんです。そのことも、勇気を出してInstagramでフォロワー達に伝えたら、「おいしいのができるまで待ってるよ!」「一生懸命栽培していたのに、残念だったね。応援しているよ!」と温かいコメントをいただくということもありました。

上間さん

Instagramの動画で、おいしいスイカができなかったことを告げる上間さん

応援のコメントが194件も寄せられる

コバマツ

ただの直販だったら、品質が落ちた作物ができたらクレームになりそうなところですが……。毎日情報発信をしているから消費者も理解があるんでしょうね。
あとは、作物や畑と一緒に、必ず、自分の顔も載せること!です!

上間さん

上間さんのInstagramの投稿。全部バッチリ顔が写っている

コバマツ

全部しっかり上間さん写ってるー!
きちんと自分を押し出していくことも大切です!

上間さん

スイカ栽培の楽しさや難しさも発信

他にも、「♯スイカプロジェクト2021」というプロジェクトを立ち上げて、全国のフォロワーの皆さんと、鉢植えでスイカを作ってみるという取り組みもしました。インスタライブで私がスイカ栽培について皆に教えたり、プロジェクトに参加している人同士でスイカ栽培について情報交換をしたりするなど、皆にもスイカ作りの楽しさや難しさを知ってもらえたらと思って立ち上げたんです。

上間さん

フォロワーの皆と庭でスイカを育ててみようというプロジェクト

フォロワーたちがそれぞれの地域でスイカを育てている投稿

コバマツ

Instagramを活用して、消費者と一緒にスイカを栽培することで、ますます、スイカを作る手間や難しさについて理解が深まるんですね。そういう苦労がわかると、スイカの価値が上がりそう!
芽が出ない!とか、中身を割ったら赤くなくて真っ白とか、全然甘くなりませんとか、そんな声も多くて、スイカ作りの難しさについて知ってもらえたかなと思います。

上間さん

コバマツ

このプロジェクトが上間さんと消費者がコミュニケーションを取るきっかけにもなって、消費者とのつながりも強まりそうですね!
そうですね、実際に栽培の方法をインスタライブで発信して、フォロワーと直接リアルタイムでコミュニケーションを取ることで、スイカだけではなく「私」もリアルで身近に感じてもらえているかなと思います。

上間さん

SNSを使って農産物を販売するとなると、作物ができあがった様子や写真映えする投稿をすることが重要だと思いがちです。しかし、今回上間さんを取材して、大切なのは「過程」を発信することだと感じました。
日々の何気ない農作業の様子を発信して栽培の過程を伝えることで、消費者が作物の価値を理解したうえで購入してくれ、生産者と消費者とのつながりを作ることもできるというのは驚きでした。
新規就農で試行錯誤が多い時期こそ、SNS投稿のネタの宝庫かも? 就農したてでも地道に発信を続けることで、売りたい値段で、売りたい人に販売できる。そんな理想的な農業の可能性を感じる取材でした。

関連記事
「みかんのみっちゃん」が広告塔! 販売も人手確保もSNSで行う面白いミカン農家とは
「みかんのみっちゃん」が広告塔! 販売も人手確保もSNSで行う面白いミカン農家とは
全国の農家さんを訪ねるフリーランス農家のコバマツです。今回はミカンの名産地である和歌山県有田郡有田川町に来ています。そこで出会ったミカン農家の「みかんのみっちゃん」。自分自身を広告塔にミカンの魅力を発信しまくっている、…
女子2人が石垣島でパイン農場を経営! 関東で本職を持ちつつ沖縄で農業を行うワケ
女子2人が石垣島でパイン農場を経営! 関東で本職を持ちつつ沖縄で農業を行うワケ
全国の農家を渡り歩いているフリーランス農家のコバマツです。今回は石垣島でパイナップルを作っている女性2人の元を訪れました。その名も「ないちゃ~パイン」。ないちゃーとは沖縄の言葉で「内地の人」、つまり沖縄の人ではないという…
スイカの栽培についてはこちら!
農家が教える甘いスイカの育て方 実が割れる理由と対策とは?
農家が教える甘いスイカの育て方 実が割れる理由と対策とは?
夏真っ盛りの暑い日本の風景に、我が家の畑でとれたスイカが並ぶ。たったそれだけで、もうその人生は豊かなものに違いない気がしてしまいます。とにかく家庭菜園においてスイカ栽培は一つの夢と言って差し支えないでしょう。夏を彩る最…
ブリーダーが教えるスイカの育て方 売り上げアップのための栽培方法とは?
ブリーダーが教えるスイカの育て方 売り上げアップのための栽培方法とは?
種苗会社「タキイ種苗」のブリーダー直伝! 直売所出荷の売り上げアップを目指して、押さえておきたい栽培方法のポイントや、ブリーダーいちおしの品種を紹介します。第6回は、夏の思い出を甘く彩るスイカについて解説します。
1 2 3

関連記事

タイアップ企画

公式SNS