質の追求で選んだジャージー牛、時代が追いついた付加価値戦略|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 質の追求で選んだジャージー牛、時代が追いついた付加価値戦略

質の追求で選んだジャージー牛、時代が追いついた付加価値戦略

吉田 忠則

ライター:

連載企画:農業経営のヒント

質の追求で選んだジャージー牛、時代が追いついた付加価値戦略

他の産業と同じで、農業経営もときに量と質のどちらをより優先すべきか判断を迫られる。十勝加藤牧場(北海道帯広市)もかつてそんな課題に直面し、日本では珍しいジャージー牛の飼育に乗り出した。会長の加藤賢一(かとう・けんいち)さんに牧場の歩みを聞いた。

最初は反対していた父がくれたもの

加藤さんは1951年生まれ。牧場で飼っている牛の数は330頭で、4割をジャージー牛が占める。ジャージー牛では有数の飼育規模だ。100ヘクタール弱の農地で牧草やデントコーンなどを栽培し、飼料の自給にも取り組んでいる

実家は帯広市の中心部に近い場所で野菜を栽培していた。だが加藤さんは野菜農家を継ぐのではなく、酪農家になることを志した。

きっかけは中学生のとき、友人の家で牛乳を飲ませてもらったことにある。そのころ学校給食で出ていた「牛乳」は脱脂粉乳を水で溶いたもので、おいしいと言えるものではなかった。これに対し、友人の家は牧場を営んでいて、飲ませてくれた牛乳はその日の朝に搾ったものだった。

十勝加藤牧場の牧草地

「こんなにおいしいものがあるのか」。加藤さんは驚き、「これが毎日飲めるなら、酪農も面白そうだ」と思ったという。当時の日本はまだ貧しく、心が動くほどおいしいものを食べる機会はめったになかった。そのとき飲んだ牛乳の味は、加藤さんの進路を左右するほどのインパクトがあった。

父親は「酪農は大変だぞ」と言って反対した。野菜農家を継いでほしいとの思いもあった。だが加藤さんは「どうしてもやりたい」と訴え、地元の農業高校の畜産科に進んだ。就農前に経営の現場を見てみたいと思い、卒業後は北海道とカナダの牧場で約6年間研修した。

日本に帰るとき、サプライズが待っていた。加藤さんがすぐ牧場経営を始められるようにするため、父親が18ヘクタールの農地を買ってくれていたのだ。もともとビートや豆を栽培していた畑だが、加藤さんが帰国するまでの間、近くの牧場主に管理を頼み、牧草を植えておいてくれた。

帰国するとすぐ、加藤さんは牧場の経営に乗り出した。飼養頭数は、カナダと日本で買ったホルスタインを合わせて12頭。公的な融資を受けて牛舎を建て、搾乳機などの機械も導入した。1975年のことだ。加藤さんは「父親のおかげでスムーズに始めることができた」と当時をふり返って感謝する。

ホルスタイン

生乳の廃棄で始めた経営転換

父親が予想した通り、酪農経営は簡単なものではなかった。借金はなかなか減らず、利益を出すのにも苦労した。それでも規模の拡大を通して経営を軌道に乗せることを目指し、頭数を徐々に増やしていった。

そうして7~8年が過ぎたころ、思わぬ形で経営を取り巻く環境が悪化した。需要と供給のバランスが崩れ、北海道で牛乳が余り始めたのだ。そして生産調整が始まった。余った生乳には農協の指導で食紅を混ぜ、赤くした。出荷に回さず、廃棄する生乳であることを明確にするためだ。

「無念だった。ものすごい憤りを感じた」。加藤さんはそのときの思いをそう語る。農協の販売の仕組みがいかに大切かを、当時もいまも感じている。それでも大変な思いをして生産した生乳を廃棄することに、やりきれなさを感じずにはいられなかった。そのくやしい気持ちはいまも残る。

「こんなことをしていてはダメだ」。そう感じた加藤さんは仲間の農家を誘い、1988年からジャージー牛を飼い始めた。ジャージー牛はホルスタインと比べて乳量は少ないが、乳脂肪分や乳タンパクなどの成分の含有量が多い。生産調整を受け、量より質を追求してみたいと思ったのだ。

ジャージー牛

加藤さんはまず8頭から飼い始めた。牛乳を搾ってみると予想していたより量が少なく、先行きに不安がよぎった。

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

公式SNS