新規就農者こそ、農系ポッドキャストをやるべし【ゼロからはじめる独立農家#34】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 農業経営 > 新規就農者こそ、農系ポッドキャストをやるべし【ゼロからはじめる独立農家#34】

新規就農者こそ、農系ポッドキャストをやるべし【ゼロからはじめる独立農家#34】

西田 栄喜

ライター:

新規就農者こそ、農系ポッドキャストをやるべし【ゼロからはじめる独立農家#34】

「ゼロから農家」である新規就農者こそポッドキャストをやるべし。以前はポッドキャストについて「音声ブログで、配信者がそれぞれ勝手に話している」ぐらいにしか思っていませんでしたが、実際にやってみると情報発信のみならず、さまざまな効果が。今回は現役“農系ポッドキャスター”に集まってもらい、配信を続けてきてよかったことや継続のコツ、使っている編集ツールやアプリなどについて語り合いました。

参加メンバーはこちら

たけもと農場代表 竹本彰吾(たけもと・しょうご)さん
39歳。石川県能美市在住。
大型稲作農家(50ヘクタール)。JA出荷のほか、ネット販売にも力を入れる。イタリア米、スペイン米などの変わった品種も育てている。
竹本さんが配信するポッドキャスト「青いTシャツ24時」

山ノ上農園代表 山ノ上慎吾(やまのうえ・しんご)さん
37歳。宮崎県宮崎市在住。
JA出荷を主とするキュウリ農家。家族経営。自らロジカルファーミングゴリラと語るスマート農業の先駆者。
山ノ上さんが配信するポッドキャスト「農業 タノしきラジオ」

佐藤文紀(さとう・ふみのり)さん
37歳。静岡県富士宮市在住。
イチゴとブドウを栽培する新規就農者。2020年に独立就農。「いちごとぶどうで家族が1日過ごせる農園」を目標に、ブドウの観光農園の開園を目指して目下奮闘中。
佐藤さんが配信するポッドキャスト「大人の社会科見学 223号(ふじさんごう)」

筆者:菜園生活風来(ふうらい)代表 西田栄喜(にした・えいき)
53歳。石川県能美市在住。
自称日本一小さい農家。家族経営の少量多品種栽培で直売を行っている。
ポッドキャスト「ゼロからはじめる独立農家~命の時代に向けて~」

農とポッドキャストの相性

ポッドキャスト(Podcast)とはインターネットで音声データを配信するサービスで、インターネットラジオのひとつとされています。2020年は日本のポッドキャスト元年とも言われ、その頃から多くの番組ができました。農家が配信する通称「農系ポッドキャスト」も増加中。毎月1日を「農系ポッドキャストの日」として、農系ポッドキャスター達が一斉配信したり、番組同士のコラボなどで農業の魅力発信に力を入れています。

西田(筆者)

今日はポッドキャストについて聞いていきたいと思います。私自身ブログやSNSを活用してきた経験もあり、ポッドキャストの存在は知ってましたが、当初はこれ以上情報発信しなくてもいいだろうと、やる気はありませんでした。そんな中、この3人が配信に参加しているポッドキャスト番組「アグリミュージックレディオ」にゲスト出演し、話すことの楽しさ、そしてポッドキャスター同士の横のつながりが素敵だと感じました。その仲間に入れてもらいたいな、という気持ちから、この連載タイトルでもある「ゼロからはじめる独立農家」というタイトルで今年の3月から配信をはじめました。

皆さんがポッドキャストをやりはじめたきっかけは何だったのでしょうか。

私はポッドキャスト番組を2019年の10月から配信しています。

教師を退職し2年の研修期間を経て2020年に独立就農したのですが、農業界のことが知りたくて、研修時代に「ノウカノタネ」というポッドキャストを聴きはじめました。実際に農家になる時に多くの人と知り合いたいと思い、それなら自分でポッドキャストを配信するのもありだなと考え、酪農家、野菜農家、果物農家、料理研究家の仲間4人で「牧場と畑とキッチンをつなぐ」をテーマに「農道223(ふじさん)号」という番組をスタートしました。

その後、「農業テーマパークを作ろう」という番組もはじめています。

佐藤さん

佐藤さんが配信している「大人の社会科見学 223号」

私は農系ポッドキャストの草分け的番組「ノウカノタネ」に出演させてもらって、その時にパーソナリティーのつるちゃんから「竹本さん、声がいいからポッドキャストはじめたらいいよ」と言われその気になりました。ただ実際やってみると、配信するまでの工程が難しくて断念。しばらくして、4Hクラブ(全国農業青年クラブ)の全国会長をしている時に「クレイジーアグリジャパン」という番組を配信しているgasuya(ガスヤ)さんから「アンカー(Anchor)という編集・配信ツールを使うと簡単にポッドキャスト配信できますよ」と言われて。やってみたら、ほんと簡単で、これなら続けられそうと「青いTシャツ24時」という番組をはじめました。

4Hクラブの会長をしてる時から後輩に何か残していきたいなと思ってて、農家にはすごい人がたくさんいるので、自分だけでなくそんな人の紹介もできればと、いろいろなスタイルで配信しています。

竹本さん

「農業 タノしきラジオ」という番組を配信しています。第1話を見てみると2020年3月15日なので、ちょうどコロナが広がりつつあるタイミングですね。

これまでは農作業を少しでも楽しくしようとラジオを聴いてたんですが、電波状況によって音が悪くなったりしてました。ですがポッドキャストならスマホがあればクリアな音声で聴けるので、そちらを聴くようになりました。実は6年前に自分でも何か配信してみようと思ったんですが、編集が大変で断念したんです。

そんな中「ノウカノタネ」にゲストで出たら楽しくて、その時にアンカーというツールの存在も知って、そこから重く考えずにとりあえずやってみようと配信しました。今は編集作業にどっぷりつかってます。

また、ポッドキャストの配信サービスがあるSpotify(スポティファイ)で、曲を会話の間に入れることができる「Music + Talk」という機能がついたことをキッカケに、「アグリミュージックレディオ」を竹本さん、佐藤さん、自分を含めた農家6人で配信しています。この番組は農業に関わるゲストさんが人生において励まされた曲のエピソードトークをするというコンセプトになっており、これまで多くの方に出演していただきました。

山ノ上さん

西田(筆者)

こう聞くとポッドキャスト配信ツールの存在が大きいですね。実際に私もアンカーを使ってますが、タブレットを使うと直感的にでき、BGMも気軽につけられますし、何より配信がとても簡単にできるというのがいいですね。まずはアンカーでやってみて、はまった人は編集ソフトやマイクなどに凝るというのを私もおすすめします。

それにしても先駆者の「ノウカノタネ」の影響が大きいですね。今は「アグリミュージックレディオ」もそうなりつつあると思います。この番組はパーソナリティーが小規模オーガニックファーマーで、編集や台本書き、ゲストのオファーなど裏方として支えているスタッフが大規模農家。この入り混じった世界観が好きなんですよね。農法やスタイルは違ってもポッドキャストという共通項で深いつながりができることを体現してくれてると思ってます。

ポッドキャストをやって変わったこと

西田(筆者)

ポッドキャストの配信は、編集などでクオリティーの高い番組づくりを求めるとキリはないのですが、私はポッドキャストをやること自体に意味があるのではないかと実感しています。新規就農者はネットワークづくりが大切とよく言われますが、まさにその点でもいいかと。そんなことを含め、ポッドキャストを実際やってきてよかったこと、やってみて変わったことなどを教えてください。
新規就農、特に家族経営農家って孤独になりやすいんですが、仲間と配信することで新たなつながりができたり、ゲストさんを呼ぶことをきっかけに、後日Twitterなどでいろいろな方とつながれたりして世界が広がりました。

以前、Twitterで「絵文字3文字でどの農家か分かる?」なんてのがはやりまして、そこに富士山とイチゴとブドウがあって、自分のことだったんです。新規就農したてなのに、いろいろな方に認知されているんだと感動しました。

特に、普段なら声をかけることすら気おくれする先輩農家の山ノ上さんから「一緒に番組やらないか」と声をかけられたのは、ホントうれしかったです。こうしたチャンスを作れるところにポッドキャストのすごさを感じています。

今、イチゴは全量農協出荷なんですが、これから育ってくるブドウは観光農園も視野にいれています。そんな構想が配信によって多くの方に認知されていると思うと、安心して取り組めます。

佐藤さん

ポッドキャスト単体での収益性や、自社ホームページへの集客というのは正直難しいけど、認知のされ方という意味では手応えを感じています。伝えたい大きなテーマとして「農家の事業承継・後継ぎ問題」というのがあるんですが、ポッドキャストがきっかけで雑誌連載を持てたり、講演に呼ばれたりするなど副次的効果は大きいと感じます。

文字ベースのTwitterだと荒れそうな話題も、声で届けるとそれほど荒れないのも特徴だと思います。また農系ポッドキャストというと農家だけが配信するものだと思われてますが、私は「おてつたび」(※)などについて一次産業のことを発信する回もそのひとつだと思っています。以前と比べ違う職種とのクロスオーバーがすすんできました。

※ 農業の手伝い(仕事)と旅を掛け合わせたマッチングサービス。

竹本さん

竹本さんが配信している「青いTシャツ24時」

農系ポッドキャストと言いながら個人的に好きな古事記のことを配信したりしてるんですが、農家の多面性を見せるという意味でもいいかなと思っています。同じ田園風景や食も、ポッドキャストを聴くことで違って見えてくるといいなと。

以前だと、竹本さんのように4Hクラブの全国組織にでも入らないと知り合えなかった全国の農家と、こうやってつながれているのもポッドキャストのおかげです。

以前の座談会記事でも話しましたが、とあるポッドキャスト番組で「二酸化炭素(CO2)ください」と言ったところ、後日大企業からCO2いりませんか?と連絡があったりして、発信することで思わぬつながりが持てることを実感しました。

山ノ上さん

西田(筆者)

新規就農者は孤独というのは分かります。話し手のプロとしてはラジオパーソナリティーの方が断然上なんですが、農系ポッドキャストを聴くとまったく違う栽培品目の話でも「その苦労分かる~」ってなるし、とても身近で、自分も頑張らなきゃって思います。

あと農業は天候や獣害、病害虫など基本的に思い通りにならない大変なことが多いんですが、そんなトラブルもネタになると思うと、そのできごとを客観視できたりしますね。

ポッドキャスターのススメ

西田(筆者)

新規就農希望者にはまずブログを書くことをすすめているんですが、それはアーカイブされていく、積み重ねられていくというのが最大の理由です。ポッドキャストもそんなアーカイブメディアだと分かったというのもポッドキャストをはじめた理由のひとつです。人柄や成長していく姿を感じてもらえる。そのことで他人との比較ではなく、その人だからこそという絶対差が生まれてきますね。

そのためにも継続が必要ではないかと思います。最後に継続のコツ、またポッドキャスターになるためのおすすめポイントがあれば教えてください。

配信については4段階のフェーズがあって、最初はとにかくやることが楽しい。そこからスケジューリングとか話す内容を考えるなどの苦しみが生まれてきて、何のためにやってんだろうってなる。そこを乗り越えるとリスナーさんとやりとりをし、つながり、いただく声から自分の立ち位置、役割が分かってくる。さらにすすむとポッドキャスター同士のつながりで他の番組に出ることでさらに自分のやるべきことが見えてくる。こうなると強いと思います。

これからやる人は、ぜひこの4人に絡んできてほしい。どんどん引き上げてくれると思います。毎月1日の農系ポッドキャストの日は、夜9時からTwitterスペースで農系ポッドキャスターと話したりしていますので、ぜひ#農系ポッドキャストで検索して遊びにきてください。

佐藤さん

深い爪痕を残したという手応えがあっても、再生数が少なくて、このまま続けるべきなのか悩んだことがありました。

リスナー数とか再生数を優先度の一番にするとしんどくなってくる。まずは自分が楽しむことを優先にして、そのうちなんか再生数が跳ねる時もあるかな、引っ掛かりを持ってくれる人もいるかな程度に思った方が長続きしますね。

あとどんなに気取って編集しても、人柄が伝わるので結果的には自然体で話すのが一番楽になりますね。繰り返してると、人前で話す時も自然に言葉が出てくるようになります。

竹本さん

アメリカでポッドキャスト文化が盛んなのは、自分の主張する意見と違ってもディスカッションを前提として話していることを聞き手が分かっていて、話し手も反対意見を話を深める材料にしているというところが大きいと思います。そういった意味で日本は、大勢と違った意見は排除されやすく、ディスカッションが深まらないと言えます。

ですが、ポッドキャストを配信することで自分の意見をまとめることができるし、建設的な会話ができるようになったと実感しています。

自分の番組を盛り上げたいという気持ちもあるけど、自分だけだとムーブメントはおこらない。どんどんいろいろな番組ができて、農系ポッドキャストの定義が曖昧になるぐらいカオスになっていったらいいと思います。

山ノ上さん

山ノ上さんが配信している「農業 タノしきラジオ」

西田(筆者)

自分でポッドキャスト配信して気づいたのは、ポッドキャスターになると「お互いさま」ということでゲストを呼びやすくなるということ。そしてポッドキャスター同士だと話のテンポがいい。自然と話術と傾聴力が磨かれているのだと思います。

思い通りにならないことばかりの自然を、直接体験している、つまり一次情報を持っている農家だからこそ、ポッドキャストは情報を発信するのに向いています。

呼吸も「息を吐いてから吸う」と言うように、情報も自分が出すからこそ入ってきます。ネットワークづくりのキッカケとしても、ぜひポッドキャストをはじめてほしいと思います。

関連記事
‟中の人”がおすすめ! いま聴くべき農系Podcast(ポッドキャスト)6選
‟中の人”がおすすめ! いま聴くべき農系Podcast(ポッドキャスト)6選
スマートフォンなどで無料で聴けるインターネットラジオ「Podcast」が人気を集めています。なかでも、現役農家がパーソナリティー(司会)として発信する「農系Podcast」が話題で、作業中のお供としてはもちろん、農業界以外のリスナー…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧