実業団の苦境を救う「アスリート×農業」の異色タッグ【農業二刀流vol.1】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 実業団の苦境を救う「アスリート×農業」の異色タッグ【農業二刀流vol.1】

行政・団体・個人の支援

実業団の苦境を救う「アスリート×農業」の異色タッグ【農業二刀流vol.1】

実業団の苦境を救う「アスリート×農業」の異色タッグ【農業二刀流vol.1】

2017年07月26日

スポーツと農業の両立にチャレンジしているハンドボールクラブチーム「フレッサ福岡」。人材不足の農家とアスリートの人件費問題。それらを同時に解決することを目的とした彼らの取り組みに注目が集まっています。企業が所有するスポーツチームから、地域に根差しともに支え合うスポーツチームへ。彼らの活動をご紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

農業への携わり方が多様化しています。今回は、一見農業とは縁遠く見えるスポーツと農業の両立にチャレンジしている企業をご紹介します。

お話を聞いたのは、ハンドボールクラブチーム「フレッサ福岡」の代表理事を務める、前川健太(まえかわけんた)さん。一見、華やかに見えるプロアスリートの世界も、高額の年俸を稼ぎ、世間に知られる人はほんの一握り。特にハンドボールのようなマイナースポーツではなおさらです。アスリートを目指す人にスポーツとは別の基盤を作ることで生活の安定を図る一方、チームとしても人件費の一部を農業で補えないかとの考えが参入のきっかけになったようです。

関連記事:週末農業から兼業農業へ「会社員×農業」という働き方【農業二刀流vol.2】

目指せ二刀流! 目標は農業独立と国内最高峰ハンドボールリーグの参入

福岡県の最西部に位置する糸島市。北側と西側を海、南側を山に囲まれたこの地域は、福岡市の中心部まで鉄道で30分ほどとアクセスが良好。近年はベッドタウンとしてはもちろん、県外からの移住地としても人気を集めています。クラフト作家や陶芸家など、多くのアーティストや、サーファーなどがこの地に拠点を構えていることでも知られています。その糸島市で、2016年に設立された「一般社団法人フレッサ福岡」は、スポーツと農業の両立という全国でも珍しいチャレンジを行う団体として注目を集めています。

現在「フレッサ福岡」に所属する選手は15名。農家で研修を受けながら、ハンドボール選手として活動しています。日中はそれぞれ研修先の農家で農作業に従事し、夕方から全員で集まってハンドボールの練習に励みます。彼らの目標は2つ。農業で独立すること、そして、ハンドボールの国内最高峰リーグ「日本ハンドボールリーグ(JHL)」への参入です。

アスリートの厳しい現状を農業で救えるか

昨今、企業のスポーツチーム、いわゆる実業団のチームは厳しい状況にあります。野球やマラソン、ソフトボールなど、日本のスポーツ界を支えてきた実業団チームの廃止は、もはや珍しいことではありません。厳しい環境の中、市民ランナーとして注目を集めたマラソンの川内優輝(かわうちゆうき)選手や、なでしこジャパンの選手たちなど、兼業アマチュアスポーツ選手の活躍も注目を集めました。

「実業団としてチームを運営する上で、最大の課題である人件費を農業で補うことができないか」。チーム自身で生計を立てられる方法を模索したことが、農業参入への後押しとなりました。前川さんは、これからはひとつの企業がチームを所有するのではなく、地域に根差し地域に支えてもらいながらチームを運営していくことが望まれている、と感じたといいます。

「食」を支える農業は、これから先もなくならない産業のひとつであり、また体づくりの基本となる「食」とスポーツの親和性は高いと考えた前川さん。ハンドボールの選手として活躍できる年齢は平均30歳前後と、決して長くはないそうです。先に続く人生の方が長いことを考えると、選手が生活していくための基盤を手に入れることは大切なことです。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧