子どもの声と地域の交流 「民泊×農業」が農家と集落にもたらすものは【農業二刀流vol.3】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 行政・団体・個人の支援 > 子どもの声と地域の交流 「民泊×農業」が農家と集落にもたらすものは【農業二刀流vol.3】

行政・団体・個人の支援

子どもの声と地域の交流 「民泊×農業」が農家と集落にもたらすものは【農業二刀流vol.3】

子どもの声と地域の交流 「民泊×農業」が農家と集落にもたらすものは【農業二刀流vol.3】

2017年09月13日

ヨーロッパでは、農村に滞在し自然や文化、人々との交流を楽しみながらバカンスを過ごす「グリーンツーリズム」が普及しています。大分県の安心院町(あじむまち)グリーンツーリズム研究会は、グリーンツーリズムの先駆けとして、全国で初めて「農村民泊(農泊)」に取り組んできました。発足は1996年。現在約60軒の農泊家庭がある中、「桃源郷こびら」を営む江藤憲子(えとうのりこ)さんに、農泊を始めたきっかけや現在の農泊運営について、お話をうかがいました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事:
年間売上350万円の農家も。大分県安心院町に学ぶ農泊ビジネス
農業二刀流 記事一覧

農泊初体験、始めは緊張した

江藤さんご夫妻

江藤さんご夫妻は、米作りをご主人が、野菜作りと農泊を憲子さんが担っています。農泊を始めたのは2002年、15年前のことです。きっかけはグリーンツーリズム研究会の会長や知人から勧められたことでした。

「はじめは農泊がどんなものか、何をすればいいか全く分からなかった」と憲子さん。地元青年団の活動を通じて、海外の家庭に宿泊した経験があったご主人のほうが、農泊に乗り気だったといいます。

周りからの「まずは一度受け入れてみないか」という勧めから学生を招いたのが、江藤夫妻の初めての農泊経験でした。次は、初めての経験から学んだおもてなし方法などを活かしながら、沖縄からのお客さまを招いたそうです。そうやって少しずつ利用者を受け入れるようになり、利用者とのコミュニケーションなどを通じて、より、農泊におもしろさを感じるようになっていったそうです。

農泊への思いが高まるのに並行して、家の改築も少しずつ進めていきました。まずとりかかったのは、トイレと台所の整備。地元の大工さんに相談し、トイレは利用者が行きやすいように玄関の近くへ移動。土間をなくして台所も広くなりました。

さらに広いウッドデッキも作りました。4、5人分の布団を干せるほどの広さで、今は干し場のほか、利用者が食事をする場所としても使われています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧