農家がはじめるマーケティング基本のキ< その1 > – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > マーケティング > 農家がはじめるマーケティング基本のキ< その1 >

マーケティング

農家がはじめるマーケティング基本のキ< その1 >

農家がはじめるマーケティング基本のキ< その1 >

2017年08月01日

農業は私たちの生活に必要不可欠な食べ物を作り出す産業、これからはさらに重要な役割になってくることは間違いありません。農業をもっと普及させたい、農業をもっと元気にしたい。農業が儲かる仕組みをマーケティングの考え方に基づいてご紹介していきます。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

農業は私たちの生活に必要不可欠な食べ物を作り出す産業、これからはさらに重要な役割になってくることは間違いありません。農業をもっと普及させたい、農業をもっと元気にしたい、そのためには農業がもっと儲かる必要があるのではないでしょうか。儲かる仕組みをマーケティングの考え方に基づいてご紹介していきます。

 農業がもっと活性化するために、儲かる仕組みをマーケティングで考える

今農家にとって、マーケティングの考え方が必要と言われています。

現在、農業従事者の平均年齢は66.8歳(農林水産省発表)、毎年農業は衰退し続けているのが現状です。

2011年3月31日の東日本大震災、2016年4月14日の熊本地震、2017年7月の九州の大雨など大規模な自然災害がたて続けに起こりました。

今までなんでも簡単に手に入る生活をしてきた私たちは、ものが手に入らない現実に直面したとき、自分でものを作り出す力がないことに無力さを感じました。私もその一人です。農業をもっと普及させたい、農業をもっと元気にしたい、そのためには農業がもっと儲かる仕組みを本気で考える必要があるのではないかと思っています。

マーケティングとは?〜農家がはじめるマーケティング〜

                            

マーケティングとは、企業などの組織が行うあらゆる活動のうち、「顧客が真に求める商品やサービスを作り、その情報を届け、顧客がその価値を効果的に得られるようにする」ためのものです。

簡単にいうと、お客さんに必要とされているものを知り、伝え、何を、どうやって売るのかを考えて、ものが売れる仕組みを作ることがマーケティングといえるでしょう。

実はマーケティングの考え方は、農業の世界ではあまり浸透していません。原因の一つとして、流通ルートがあげられます。

農産物は、基本的には、生産者(農家)→出荷団体(農協など)→卸売市場→小売業者(スーパーなど)の道のりを経て、消費者に届けられます。

野菜類の約76%、くだもの類の約47%が、卸売市場をへて流通しているのです。そのため、農産物を作っても農家は直接お客さんを見ないことのほうが多いのです。

マーケティングとは、「お客さんに必要とされているものを知り、伝え、何を、どうやって売るのかを考えて、ものが売れるしくみを作ること」ですが、農家がお客さんに必要とされているものを知る機会がないことには、マーケティングは始まらないのではないでしょうか。

【関連記事はこちら!】農家がはじめるマーケティング基本のキ

1 2

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧