若きじゅんさい栽培者の取り組み【ファームジャーニー:秋田県三種町】 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 生産者の試み > 若きじゅんさい栽培者の取り組み【ファームジャーニー:秋田県三種町】

生産者の試み

若きじゅんさい栽培者の取り組み【ファームジャーニー:秋田県三種町】

若きじゅんさい栽培者の取り組み【ファームジャーニー:秋田県三種町】

2017年08月12日

日本一のじゅんさいの産地、秋田県三種町ですが、栽培地の減少や生産者の不足などから、年々じゅんさいの生産規模が縮小しています。そこで立ち上がったのが、若きエース、安藤さんです。安藤さんが試みているさまざまな取り組みについてお聞きしました。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

若きじゅんさい栽培者の取り組み【ファームジャーニー:秋田県三種町】
安藤食品の安藤賢相さん

秋田県三種町。白神山地と出羽丘陵に囲まれ、清らかな伏流水に恵まれたこの町は、日本一のじゅんさいの産地です。ところが、生産量・販売高ともに最高を記録した1991年以降、栽培地の減少や生産者の不足などから、じゅんさい栽培の規模は縮小し続けています。

三種町で最も若いじゅんさい栽培者が、安藤食品の安藤賢相(あんどうけんすけ)さんです。「次世代に町の誇りと伝統をつなぎたい」という思いを胸に、じゅんさい栽培を未来につなぐ努力を続けています。

関連記事:
生産量日本一!白神山地の麓で育つ“食べるエメラルド”じゅんさい【ファームジャーニー :秋田県三種町】
じゅんさいの下ごしらえ、おいしい食べ方【ファームジャーニー:秋田県三種町】

変わりゆくじゅんさい栽培従事者

日本一のじゅんさいの産地として知られる三種町ですが、近年、その生産量は減少の一途を辿っています。1991年の1,260トンをピークに、2016年には440トンに。1991年には11億8,800万円だった販売額も、2016年には4億7,600万円にまで減少しました。

理由としてあげられているのは、土地開発による沼の面積の減少や近代化による水質汚染の進行です。ピーク時には1,000名ほどいた生産者が、2016年には500名を切っているなど生産者不足の問題も、この事態に拍車をかけています。

実際、じゅんさい農家の経営主の半分以上が70歳以上と高齢化が進んでおり、そのうちの7割以上が「後継者がいない」という悩みを抱えているそうです。

こうした中で、若きじゅんさい栽培者として期待されているのが、安藤賢相さん。安藤さんの実家は、じゅんさいの栽培から加工、販売までを一括して行なっている株式会社安藤食品。100年以上、この地でじゅんさいに携わっています。

自衛隊員から農家へ

高校卒業後は、まず自衛隊に入隊したという安藤さん。自衛隊の仕事をこなしながらも、自分にしかできないことがあるのではないかと考え、実家の安藤食品を継ぐことを決意しました。

そうして実家に戻った安藤さんですが、農業の世界は甘くはありませんでした。しばらくの間は、不甲斐ない自分に苦しい思いを抱えていたそうです。

自衛隊員から農家へ
写真提供:近藤大樹さん

安藤さんは一念発起し、一から農業を学ぼうと茨城県の農業学校に入学。4年間の学生生活を過ごしました。在学中にできた仲間は、年齢も環境も様々で、農業がしたくてたまらないという思いを抱えながらも、農家出身者でないために、土地も資材も持っておらず、すぐには農業を始められない人もいたそうです。

「そんな仲間たちとの出会いによって、自分は農家としていかに恵まれた環境にいるのかに気づかされ、農業への意欲がさらに高まりました」と安藤さんは話します。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧