【47都道府県の地域食材】川越いもなど伝統野菜を復興!地域の味がある埼玉県 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【47都道府県の地域食材】川越いもなど伝統野菜を復興!地域の味がある埼玉県

ライフスタイル

【47都道府県の地域食材】川越いもなど伝統野菜を復興!地域の味がある埼玉県

【47都道府県の地域食材】川越いもなど伝統野菜を復興!地域の味がある埼玉県

2018年02月12日

埼玉県では伝統的に栽培されてきた小麦やクワイ、のらぼう菜、川越いもなどを復興させ、地域の特産物とする取り組みが盛んに行われています。また、小麦の生産も多く、うどんなど地粉を使ったものが学校給食にも提供され、地域の味や食文化が継承されています。埼玉県の伝統野菜を中心に紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

伝統野菜と農産物のブランド化

埼玉県では、ネギ、サトイモ、コマツナの生産量が全国1位を誇る他、キュウリとホウレンソウの生産量も全国2位とランクインしています。また、のらぼう菜、クワイなどの県内の伝統野菜を復興させ、特産化する取り組みも始められています。さらに、伝統野菜に加えさまざまな野菜や卵、肉などのブランド化も推し進められています。

比企のらぼう菜

特徴

江戸時代の古文書にも書かれている比企(ひき)地域に春を告げる伝統野菜で、栄養価が非常に高い葉物野菜です。東松山市、比企郡で生産されています。お浸し、炒め物、かき揚げなど、味にくせがないためさまざまな料理に利用することができます。ケーキなどの菓子類、コロッケ、うどんなどにも加工され、販売されています。

生産状況と将来性

2014年には、比企地域で82人の生産者が5.2ヘクタールで生産をしています。青果のほか加工原料としての需要もあり、生産振興が図られています。2014年には、35トンが生産されています。

富の川越いも(サツマイモ)

特徴

入間郡三芳町上富(かみとめ)を中心に生産されています。紅あずま、紅赤などが主な栽培品種で、江戸時代に三富開拓として開拓された土地で、落ち葉堆肥を肥料として栽培されるサツマイモです。焼き芋、てんぷらなどの料理、菓子類の原料などとして利用されています。

名前の由来

旧川越藩上富村の一字をとり、商標登録されています。

生産状況と将来性

都心に近いため、県外からも訪れる消費者が増えてきており、直売のほか、宅配便による販売も行われています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧