【47都道府県の地域食材】だだちゃ豆やラ・フランス!山形県の名産品・特産品 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【47都道府県の地域食材】だだちゃ豆やラ・フランス!山形県の名産品・特産品

ライフスタイル

【47都道府県の地域食材】だだちゃ豆やラ・フランス!山形県の名産品・特産品

【47都道府県の地域食材】だだちゃ豆やラ・フランス!山形県の名産品・特産品

2018年02月15日

山形県は、四季がはっきりとしており、夏は暑く、冬は寒さが厳しい土地です。昼と夜の寒暖差も激しく、この気候こそがおいしい特産品を生み出していると言えます。山形といえば、「サクランボ」と「山形牛」、そのほかにも「ラ・フランス」など全国レベルに知られた名産品が目白押しです。さらに、伝統的な育て方や製法で守られてきた「だだちゃ豆」は、食通をも唸らせるエダマメとして知られています。今回は山形県の特産品・伝統野菜の魅力を紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

山形県の概要と主な取り組み

地域食材
山形県は、村山、最上、置賜(おきたま)、庄内の4地域に分かれており、それぞれの地域において特色のある気候・風土と、それを背景とした個性的な農産物や地域の食文化が育まれてきました。なんと、山形県の農産物のうち在来作物の品種は150を超えるともいわれており、その中には地域の人々が古くから守り受け継いできた伝統野菜が数多く残っているといいます。

この背景には、焼畑農業などの固有の栽培技術や、先人たちの努力の歴史など、様々な物語があります。

近年は地域に根付いたストーリーのある食文化への注目が高まっており、山形県としても、伝統野菜だけでなく、山形県の地域全体をもっと認知してもらうための取り組みを進めています。

山形県の主要農産物

地域食材
山形県の主要農産物は、言わずと知れた「さくらんぼ(オウトウ)」と「西洋なし」。この二つは全国1位の生産量を誇ります。そのほかには、スイカ、ブドウ、未成熟の枝豆などがいずれも全国順位は上位に入ります。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧