【47都道府県の地域食材】牛にイチゴ、生ガキも!宮城の高品質な特産品 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ライフスタイル > 【47都道府県の地域食材】牛にイチゴ、生ガキも!宮城の高品質な特産品

ライフスタイル

【47都道府県の地域食材】牛にイチゴ、生ガキも!宮城の高品質な特産品

【47都道府県の地域食材】牛にイチゴ、生ガキも!宮城の高品質な特産品

最終更新日:2018年03月22日

宮城県はおいしい特産品が多い土地です。全国的に高級ブランド牛の代名詞ともなっている「仙台牛」に、注目を集める「仙台いちご」。伝統的製法で作り続けられる「凍り豆腐」に、安全性と品質が向上し続ける「生ガキ」など。昔ながらの伝統と最新技術が共存する宮城の食べ物に、注目が集まっています。ご当地グルメを楽しむだけでなく、お土産にもなる宮城のおいしいものを紹介します。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

宮城県のブランド食材の主な取り組み

宮城県の主要農産物は、肉用牛・米・大豆・ソラマメ・リンゴなどです。しかし、現在宮城県が最も力を入れているといっても過言ではないのが、「仙台いちご」です。

「仙台いちご」

仙台いちごのブランド名で親しまれているのが、宮城県産のいちごです。主な品種は「とちおとめ」と「もういっこ」で、一定の生産・品質基準を満たしたものだけが「仙台いちご」として出荷されることが許されるのです。

「なぜ宮城でイチゴ?」と思われるかもしれませんが、実は宮城県は東北の中でも冬が比較的暖かく、夏は冷涼な気候なため、一年中イチゴを生産することができる全国でも数少ない地域なのです。

仙台いちごの主要品種「もういっこ」

2005に誕生した宮城育成品種の「もういっこ」は、ついつい、もう一個食べてしまうというほどおいしいことから命名されました。大粒のイチゴで糖度と酸度のバランスがよくジューシーなのが特徴です。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧