【47都道府県の地域食材】うどん以外で食べたい絶品グルメ!香川県の伝統野菜と特産品 – マイナビ農業

マイナビ農業TOP > ニュース > 【47都道府県の地域食材】うどん以外で食べたい絶品グルメ!香川県の伝統野菜と特産品

ニュース

【47都道府県の地域食材】うどん以外で食べたい絶品グルメ!香川県の伝統野菜と特産品

【47都道府県の地域食材】うどん以外で食べたい絶品グルメ!香川県の伝統野菜と特産品

2018年02月26日

香川県は名物料理でもある「うどん」が知られていますが、特有の地形と恵まれた気候の恩恵を受け、たくさんの農畜産物が生産されています。今回は「オリーブ」「さぬきゴールド」「金時人参」「讃岐牛」などの香川県のご当地食材の魅力をたっぷり紹介していきます。

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

香川県の特徴


四国の北東部に位置する香川県は、美しい自然と温暖な気候に恵まれ、日本一面積が小さい県でありながら、県内に魅力的な食材が揃っています。

香川県の県木・県花であるオリーブで育った「オリーブ牛」や、うどん用小麦「さぬきの夢」、いちごの「さぬき姫」にキウイフルーツの「さぬきゴールド」など、数多くの農畜産物があり、香川県では一層の地域食材のブランドかを進めています。

オリーブ


香川県は国内一のオリーブの生産地です。1908年(明治41年)に当時の農商務省によって、全国3ヶ所でオリーブの試験栽培を行なった結果、瀬戸内海に浮かぶ小豆島だけが栽培に成功し、以降小豆島での本格的なオリーブの栽培が始まりました。

小豆島のオリーブは食用として加工されるほか、食用・化粧用のオリーブオイルとしても使用されています。オリーブ製品に対する需要が近年高くなっているため、生産拡大が期待されています。

1 2 3

  • LINE
  • twitter
  • facebook
  • Google+
  • Hatena
  • Pocket

関連記事

カテゴリー一覧