初心者ハンターをバックアップ! 狩猟の活性化に向けた新プロジェクトとは【ジビエ入門】|マイナビ農業

マイナビ農業TOP > 狩猟 > 初心者ハンターをバックアップ! 狩猟の活性化に向けた新プロジェクトとは【ジビエ入門】(3/3)

初心者ハンターをバックアップ! 狩猟の活性化に向けた新プロジェクトとは【ジビエ入門】(3/3)

連載企画:狩猟入門

初心者ハンターをバックアップ! 狩猟の活性化に向けた新プロジェクトとは【ジビエ入門】

狩猟をはじめるにあたって最大の壁は「誰に教えてもらうのか」に尽きるでしょう。良い先輩ハンターに出会えず、免許だけとって諦めてしまう人もいます。そんな初心者の入り口を作るため、兵庫県の姫路猟友会では若手チームが青年部を発足し、体験会などを実施しています。その取り組みを取材しました。

若いハンターを増やしたい

―なぜこんなに猟師の数が減っているのでしょうか?

昭和40年代の終わりごろ日本でハンターが一気に増えた時期があって、その頃に狩猟をはじめた方々が70歳代に突入しています。動物がかわいそうという意見が増えてからは狩猟免許を取得する人が激減しました。ジビエや田舎暮らしが注目されて、ここ2、3年のあいだで少しずつですが若いハンターが増えています。そういうやる気のある人たちが辞めないで続けていけるよう、交流会は定期的にやっていきたいです。

農作物被害が増え、今は「動物がかわいそう」の一言で片付けられない状況になっています。山の命と正面から向き合う狩猟は、奥が深い世界です。森や地域を守れるハンターが一人でも多く増えてくれればと願い、これからも青年部の活動を続けていきたいと思います。

姫路猟友会

写真提供/姫路猟友会 青年部

1 2 3

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

公式SNS