【令和元年九州北部大雨】さとふるが災害緊急支援募金サイト開設 ふるさと納税制度活用、1000円から

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 【令和元年九州北部大雨】さとふるが災害緊急支援募金サイト開設 ふるさと納税制度活用、1000円から

農業ニュース

【令和元年九州北部大雨】さとふるが災害緊急支援募金サイト開設 ふるさと納税制度活用、1000円から

【令和元年九州北部大雨】さとふるが災害緊急支援募金サイト開設 ふるさと納税制度活用、1000円から
最終更新日:2019年09月22日

秋雨前線が活発化した影響で、27日から九州北部地域で記録的な大雨が続いています。ふるさと納税制度を活用し、被災自治体に1000円から募金できる支援サイトを、ふるさと納税ポータルサイトを運営する株式会社さとふる(東京都)が開設しました。

1000 円から1円単位で募金可能

さとふるは、被災地域の支援を目的に「令和元年九州北部大雨 災害緊急支援募金サイト」を開設しました。

同サイトからふるさと納税を活用制度して、令和元年九州北部大雨の被害を受けた14自治体(※)を支援することができます(2019年9月14日時点)。

(※)福岡県:久留米市、筑後市、小郡市、朝倉市、東峰村
   佐賀県:佐賀県、佐賀市、唐津市、伊万里市、神埼市、江北町、白石町、多久市
   長崎県:松浦市

1000 円から1円単位で指定した金額を、被災自治体に寄付することができ、返礼品を希望しない寄付を申し込んだ場合は、申し込み金額の全額が同自治体に届けられます。寄付後、自治体から寄付金受領証明書が発行されます。

※被害の状況と自治体からの要請により今後掲載自治体が追加となる可能性があります。
※対象自治体からの寄付金受領証明書送付が遅れる可能性があります。あらかじめご了承ください。

さとふるが同自治体から収益を得ることはなく、寄付決済手数料は株式会社さとふるが負担します。

さとふる

関連記事
ふるさと納税で災害・復興支援!みんなで被災地を応援しよう
ふるさと納税で災害・復興支援!みんなで被災地を応援しよう
被災地のために役に立ちたいとは思っていても、なかなか現地へは行けない方も多いはず。 まだまだ復興にはみなさんの支援が必要です、ふるさと納税をお考えの方は復興支援も検討材料のひとつに加えてみてください。
ふるさと納税の控除限度額をシミュレーション!限度額が分かる一覧付き
ふるさと納税の控除限度額をシミュレーション!限度額が分かる一覧付き
ふるさと納税は控除と還付によって実質的な自己負担額を2000円におさえられます。2000円で自治体から提供される返礼品を受け取る方法として人気です。ただし、「限度額」を超える納税は自己負担額が増加してしまうため注意が必要です。…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧