森林の未来を考えるウェブサイト“FOREST JOURNAL”オープン

マイナビ農業TOP > 農業ニュース > 森林の未来を考えるウェブサイト“FOREST JOURNAL”オープン

農業ニュース

森林の未来を考えるウェブサイト“FOREST JOURNAL”オープン

森林の未来を考えるウェブサイト“FOREST JOURNAL”オープン
最終更新日:2019年09月09日

次世代農業情報メディア「AGRI JOURNAL(アグリジャーナル)」を運営する株式会社アクセスインターナショナル(東京都渋谷区、代表取締役:清水朋宏)は、持続可能な社会に向けた開発目標「SDGs」のさらなる普及に向け、次世代林業ライフ&ビジネスを発信する新しいメディア「FOREST JOURNAL(フォレストジャーナル)」を2019年8月にオープンしました。

FOREST JOURNALが目指すもの

2019年8月にオープンした「FOREST JOURNAL」は、次世代につながる林業と森林づくりのために、最先端の林業テクノロジーや地域活性化に向けた里山経営術、新しい働き方や森林経営の成功例などを発信するメディアです。

2015年に142か国の政府等が参加した「第14回世界林業会議」において、SDGs(持続可能な開発目標)の達成のために「森林が決定的な役割を果たす」との宣言がなされました。また、2017年1月に国連森林フォーラム(UNFF)が採択した「国連森林戦略計画2017-2030」では、森林の活動がSDGsの17目標のうち14もの目標達成に寄与することが示されるなど、林業は地球環境の保全に重要な役割を担う産業とされています。

サイトオープンの背景には、過疎化によって国土の7割を占める森林が十分に守られておらず、木材価格の下落、高齢化による担い手不足といった日本の林業の現状があり、こうした課題の解決につながるコンテンツを多く発信していくとしています。

配信コンテンツ

カテゴリーは「林業者の取り組み」「イノベーション」「機械・ツール」「政策・マーケット」「エコ・地球づくり」の5つ。森林にまつわる最新情報を定期的に発信する予定です。

「イノベーション」のカテゴリーで紹介された遠隔操作で動くトラックの記事(画像提供:FOREST JOUNAL)

▶FOREST JOURNALを読む

雑誌版も創刊予定
ウェブサイトに加え、紙媒体でも広く情報発信を行うため、フリーマガジンも創刊を予定しています。創刊にあたり、全国への配送費の一部をクラウドファンディングサイトで募るとのこと。林業に興味のある方、紙媒体でFOREST JOURNALを読んでみたい方は、プロジェクトの詳細を確認してみては。

★クラウドファンディングサイトはこちら
「豊かな森づくりと、日本の地域の活性化のために。林業フリーマガジンを作りたい!」

FOREST JOURNAL

関連記事
次世代農業を応援! フリーマガジン『AGRI JOURNAL』最新夏号発行
次世代農業を応援! フリーマガジン『AGRI JOURNAL』最新夏号発行
次世代を担う農業経営者や新規就農者向けのスタイリッシュなフリーマガジン『AGRI JOURNAL』(アグリジャーナル)の最新号が7月16日に発行されました。 『AGRI JOURNAL』は、次世代を担う農業経営者および新規就農者の方々に向けて、持…

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧