注目の話題作、狩猟マンガ「クマ撃ちの女」見どころを作者に聞く!

マイナビ農業TOP > 狩猟 > 注目の話題作、狩猟マンガ「クマ撃ちの女」見どころを作者に聞く!

狩猟

注目の話題作、狩猟マンガ「クマ撃ちの女」見どころを作者に聞く!

連載企画:狩猟入門

注目の話題作、狩猟マンガ「クマ撃ちの女」見どころを作者に聞く!
最終更新日:2020年02月26日

マイナビ農業ではこれまでも数々の狩猟マンガを紹介してきましたが、今、注目の話題作が「クマ撃ちの女」です。若い女性が1人でクマ狩りをするという劇的ストーリーで、リアルな狩猟の様子を見せてくれます。作者の安島薮太(あじま・やぶた)さんに作品の見どころや取材の裏話を聞きましたので、マンガ好きや狩猟に興味のある皆さんは要チェックです!

「クマ撃ちの女」あらすじ

31歳のチアキがヒグマを撃つ!

クマ撃ちの女

第1話より (c)安島薮太/新潮社

主人公は31歳の女性・小坂チアキ。北海道を舞台に、“日本最強生物”のエゾヒグマを狙う兼業猟師です。主人公はチアキですが、物語はチアキを密着取材する男性ライター・伊藤カズキの目線で描かれています。

狩りガールが主人公のマンガは他にもありますが、女性が一人でヒグマ猟をするという設定は実に新鮮! 命がけのダイナミックなストーリー展開に、ハラハラせずにはいられません。

新進気鋭の漫画家、連載デビュー作

本作は、新潮社のWEBマンガサイト「くらげバンチ」で連載が始まるとたちまち話題となり、今年7月に単行化しました。作者は安島薮太さん(35歳)。アシスタントなどを経て本作で連載デビューしたと言う安島さんは、新進気鋭の注目作家です!

クマ撃ちの女

第2話より (c)安島薮太/新潮社

リアリティあふれる描写の秘密

作者みずから狩猟現場を取材

安島さん自身は狩猟免許を持っていないそうですが、猟師だったおじいさんに影響を受け、幼い頃から狩猟や野生動物に興味があったと言います。さらに、昨年からは実際の狩猟に同行するなど、取材を重ねているのだとか。

クマ撃ちの女

第3話より (c)安島薮太/新潮社

筆者も昨年から狩猟をはじめたばかりの初心者ハンターですが、狩猟って想像以上にハードなんですよね……。私は出猟のたびに筋肉痛に見舞われています。そのあたりのリアルさもカズキの目線でしっかり描かれていて、同じハンターとして共感度が高い! 言うまでもありませんが、ジビエを食べる場面もとっても面白いです。

臨場感あふれる野生動物の世界

作者の安島さんは北海道へも取材に行き、現地の狩猟に同行したそうです。その時に経験した印象的な出来事を、次のように教えてくれました。

「流し猟の取材中に車の進行方向にシカがいました。林道の真ん中に立ちジッとこちらを見ていて、彼らも好奇心を持った、僕らと変わらない生き物なんだなぁと再認識しました」

クマ撃ちの女

第4話より (c)安島薮太/新潮社

作中では、エゾシカはもちろん、ヒグマやリスなど野生動物の表情や動きが臨場感たっぷりに描かれていて、その細かな描写にも一見の価値があります。

必見! 作者イチオシの見どころ

迫力満点のヒグマ

安島さんに「本作の見どころは?」と聞くと、こんな答えが返ってきました。

「ヒグマやシカ等動物の登場シーンでしょうか。“モノ”や“モンスター”に見えないように気をつけています。そのために実際の生態をよく調べ、その上で漫画に落としこむよう心がけています」

主人公のチアキは要所要所で動物の習性をカズキに説明するので、マンガを読みながらリアルな野生動物の知識が得られるのもうれしいところです。

クマ撃ちの女

第8話より (c)安島薮太/新潮社

見どころ満載の本作ですが、特にヒグマの登場シーンは迫力満点です。ヒグマとチアキが向き合う場面は必見! そして、何と言っても気になるのは、チアキのヒグマに対する執着心の強さ。「私はヒグマを撃ちたくて撃ちたくてたまらないんです」とまで言うチアキ。それには深いワケがあるようで……。今後の展開から目が離せません! 

作者からのメッセージ

若手ハンターの愛読者も多い本作。最後に、安島さんから読者へ向けてメッセージをいただきました。

「現役、もしくはハンター志望の方は安全安心な猟を心がけていただきたいと希望します。冒険や危険はフィクションの中で楽しんでいただければ」

ハンターのみなさん、安全第一で今年の冬も狩猟を楽しみましょう。

さて……作中のチアキはこれからもヒグマを狙い続けるのでしょうか? クマ撃ちの女は発売中の単行本のほか、WEBマンガサイト「くらげバンチ」でも無料で読むことができます。ぜひチェックしてみてくださいね。

くらげバンチの連載はコチラ

クマ撃ちの女
著者:安島薮太
発行:新潮社

関連記事
「狩猟とジビエの楽しみ、ツライ害獣駆除」現役ハンター 一問一答【ジビエ入門】
「狩猟とジビエの楽しみ、ツライ害獣駆除」現役ハンター 一問一答【ジビエ入門】
若手ハンターとして活躍する橋本勝弘(はしもと・かつひろ)さん。姫路城のそばで銃砲火薬店を営み、週末に狩猟をしています。畑での害獣駆除、狩猟中のエピソード、ジビエとして食べるための解体から料理まで、気になるアレコレを取材し…
アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~クマ編~
アブなすぎる害獣図鑑!農家の敵とその撃退方法 ~クマ編~
イノシシやクマなどの野生動物の人里への出没がニュースとなり、農家にとって害獣による被害はますます深刻です。平成28年度の農林水産省の調べでは、野生鳥獣による農作物への被害状況はおよそ172億円で、その8割が獣類、2割が鳥類(※1…

関連キーワード

シェアする

  • twitter
  • facebook
  • LINE

関連記事

タイアップ企画

カテゴリー一覧